本多圭の「芸能界・古今・裏・レポート」

細川たかし“暴力団とズブズブ”でも『紅白』復帰はあり得る? NHKの見識は……

細川たかし音楽事務所公式サイトより

 今年も夏の終わり頃から、NHK紅白歌合戦の出場者に関して「●●の内定が決まったらしい」などというウワサがささやかれているが、2016年に自ら紅白を“卒業”した演歌歌手の細川たかしに、同番組スタッフが食指を動かしている、との情報を入手した。

 細川は、デビュー曲「心のこり」の大ヒットでその年の音楽祭の賞を総なめにし、以後、紅白常連歌手となったが、2007年に「円天詐欺事件」への関与が発覚し、紅白の出場を辞退する。組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕された波和二が経営するエル・アンド・ジーの疑似通貨「円天」の広告塔として、約50回にわたってコンサートを開いていたうえ、他の歌手を同社に紹介。彼らの出演料の4割を、紹介料としてピンハネしていた疑惑が浮上したのだ。

 このスキャンダルによって、初出場から32回を数えていた紅白連続出場記録は途絶えてしまうのだが、再起を懸けたはずの翌年、今度は指定暴力団だった六代目山口組系後藤組組長(その後、引退)の“誕生日ゴルフコンペ”に参加していたことが発覚した。

 実は、細川と暴力団の関係は、それ以前からウワサされていた。実際に筆者が取材でつかんだだけでも、東京の花街・向島にある料亭「T」では、暴力団関係者の酒席で歌を披露し、高額な謝礼を受け取っている。さらに、六本木のサパークラブ「S」では、同じ暴力団の組長の誕生日会が開かれた際、他の芸能人と共にお祝いに駆けつけている。

「誕生日会では当然、お祝いに歌を披露するものと思っていたら、細川がそのまま帰ろうとしたんです。それで組長から、“お前は小遣いだけもらって帰るのか?”と怒られたのを記憶してますよ」(同席した関係者)

 当時、あちこちの暴力団と交際していたため、暴力団関係者からも「やくざより節操がない」と言われるほどだったが、その後、“黒い交際”がスキャンダル化したことを機に関係を絶ったという。

 この頃の細川は、独立をめぐって関係が悪化していた前事務所とも和解。09年に3年ぶりの紅白復帰を果たすと、15年まで7年連続で出場していたが、16年、「後輩に譲りたい」と“紅白卒業”を宣言した。

 のちに、独特な髪形から“カツラ疑惑”が浮上するのだが、これをお笑い芸人のレイザーラモンRGがものまね。絶妙な扮装がバカ受けし、お互い再ブレークしている。

 今では細川はバラエティ番組に引っ張りだこ状態だが、それだけに、紅白としても話題づくりとして復帰を望んでいるのだろう。しかし、いくら過去のこととはいえ、暴力団とズブズブだった細川の紅白復帰は、コンプライアンス上、許されるものなのか? だとすれば、筆者はNHKの見識を疑うのだが。

(文=本多圭)

最終更新:2018/11/01 10:00
こんな記事も読まれています

細川たかし“暴力団とズブズブ”でも『紅白』復帰はあり得る? NHKの見識は……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

英語のプロに聞く、英語学習法

「日本人は英語が苦手」とよく言われる。英語の教材を買ったり、英語教室の門を叩いたもの...
写真