日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『今日俺』名場面がカット!?

『今日から俺は!!』第3話 太賀好演も、ドラマ版オリジナルパートにシラケる

日本テレビ『今日から俺は!!』

 10月28日に『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の第3話が放送された。今までの中でベスト回だったと思う。

■長身の今井役を、長身ではない太賀が好演

 いよいよ、今井勝俊(太賀)がフィーチャーされ始めた。彼は“第三の主役”と言っても過言ではない重要な存在だ。

 赤坂理子(清野菜名)に思いを寄せる今井は、告白を決行するも撃沈。ひそかに三橋貴志(賀来賢人)に思いを寄せる理子の「(三橋は)意外といいヤツなんだよね」という言葉が受け入れられず、途方に暮れてしまう。

 落ち込む今井は河原へ行き、川に向かって石を投げた。……が、馬鹿力ゆえ、その石は対岸にいる開久高校のヤンキーに直撃! ケンカが勃発する。今井にやられて逃げ帰ってきた生徒の話を聞いた番長の片桐智司(鈴木伸之)は、開久のメンツをかけ、総出で今井を探しにいく。これが、第3話の幕開けだ。

 今井に関しては、原作よりもドラマ版のほうがバカだ。そもそも、今井が河川敷で石を投げたせいで揉め事が起こっているし。

 身長の低さから違和感を覚えた太賀の起用だったが、やはり腕のある役者。次第に「これはこれでいいかも」と、原作ファンも納得の熱演を見せている。口調や表情で、ちゃんと“愛すべきバカ”を表現できている。理子に思いをぶつける今井に、心の声でツッコむ谷川安夫(矢本悠馬)とのやりとりもリズミカルでいい。

 今回は原作に登場したセリフの数々がドラマでも再現されており、それらにもグッときた。例えば、開久にやられた谷川に今井が掛けた「後で拾ってやるから、ここで安心して転がっとけ」。開久の相良猛(磯村勇斗)が三橋を探しているとわかるや、伊藤真司(伊藤健太郎)が発した「俺はコイツをケチャケチャにしなきゃ」。相良にやられた伊藤の惨状を報告され、「伊藤さん、ムチャクチャカッコ良かったです」の言葉に反応した三橋の「あいつのはクセーって言うんだよ!」。

 一方で、原作版のセリフを改変したドラマ版オリジナルのセリフも存在する。例えば、相良が今井を後ろから角材で殴った場面。ドラマ版の相良は「あー、ごめん。なんかカッコいいセリフ言おうとしてるから、ムカついちゃって(笑)」と言っていたが、原作は「あー、ごめん。後ろ姿がちょっとムカついたもんでよー」だ。

 実はここ、重要なのだ。直後、2階から降ってきた三橋が相良を踏み潰してKOするが、原作の三橋はこの時に「(相良の)頭のテッペンが異様にムカついたもんでよ、ちょっと飛んでみたの」と発言している。「今井の後ろ姿にムカついて不意打ちした相良」から「相良の頭のテッペンがムカついて不意打ちした三橋」へ見事にリンクするくだり。ドラマ版でも、ぜひ採用してほしかった。


12
こんな記事も読まれています

『今日から俺は!!』第3話 太賀好演も、ドラマ版オリジナルパートにシラケるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真