日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 父と娘が共犯者に『黄昏流星群』4話

秘密を共有することで、二人は“共犯者”になる――佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』第4話

 一方、完治と栞は、二人で山へデートに行くことになる。ロープウェイ乗り場で待ち合わせた二人だったが、その時、介護している栞の母・悦子(岩本多代)が骨折したとの連絡が入る。登山を断念し、悦子の元へ向かう二人。認知症の悦子は、完治を夫と思い込み、はしゃぐのだった。

 真璃子は、帰ってきた完治の登山靴に土がついていないことで、どこか別なところにいたのではないかと疑念を抱く。ここでまた、疑念と秘密が生まれる。隠しているのは完治の方、しかし、真璃子は「夫の行動に疑念を持っている」という気持ちを隠しているのだ。この、秘密の連鎖が、このドラマのひとつの魅力だ。ある意味、ドラマを見ている視聴者も、その秘密を共有している。画面を通して、キャストの共犯者となったような気持ちになるのだ。

 真璃子は、ひょんなことから美咲の代わりに日野と映画を見ることになる。日野と並んで座り、真璃子は夢想する。自分はまだ若くて美しくて、隣りにいるのは自分の恋人で――。ここで視聴者は、若い頃の中山美穂の姿を思い浮かべたのではないだろうか。長く活動している女優というのは、このようなところで強みが出てくる。

 映画が終わって話すうち、日野は美咲への疑念を口にする。「彼女は他に好きな人がいるんじゃないか」と。

 一方、悦子から夫との夫婦生活について聞かされた栞は、自分の、女としての人生を振り返る。そして完治に、正直な思いを話す。母は自分より女として恵まれていた。自分に自信がない、だからスイスの夜も関係を拒否した。こうやって自分の人生は終わっていくのだろうか――。そんな栞の手を、完治はそっと握るのだった。

 二人はそのままホテルに向かう。ある意味、幸せの絶頂にいた完治。しかしそこで思わぬものを目撃する。部屋に行くエレベーターの中でキスをしていたのは、美咲と、年配の男性(高田純次)だったのだ。この瞬間、完治と美咲は、期せずして秘密を共有したことになる。二人は共犯者なのだ。

 大きく動き出した家族の関係、そして、メインキャストは皆秘密を抱えている。ここで気になるのは日野の存在だ。いつもクールで優しい存在だが、どこか影を感じなくもない。日野は一体どのような秘密を抱えているのだろうか?

 今回は、性に関わるシーンがいくつか見られた。完治が栞に「その先の関係を望んでいないか?」と問われ、「我慢する」と答えるところ。栞の母・悦子が亡き夫との経験を話すところ、美咲の首筋にあるキスマーク、そして、栞が完治に「自信がなくて怖かった」と言うシーン。いずれも、性的な関係を匂わせながら、決して直接的な表現を使っていない。

 今のテレビは、過激なシーンをあまり流さなくなった。暴力的なシーンや、差別的なシーン、そして性的な描写も。丁寧に、下品にならないように性を語る。そこが、作り手の腕の見せ所である。

 性の問題は、一番の秘密だと言える。今後、誰がどんな形で秘密を持ち、共犯者となっていくのか。期待して待ちたい。

(文=プレヤード)

最終更新:2018/11/02 20:00
12

秘密を共有することで、二人は“共犯者”になる――佐々木蔵之介主演ドラマ『黄昏流星群』第4話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真