日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > HIV感染者が腹いせでウィルスを拡散

「エイズの世界にようこそ」HIV感染者が“腹いせ”でウィルスを拡散、SNSで実況報告!

中国の大学では、自動販売機でHIVの検査キットも販売されている

「AV人権倫理機構」が、AV女優として活動中の女性がHIV検査で陽性だったことを公表し、業界が騒然となったが、中国ではある男がHIVウイルスを故意にまき散らすという事件が起きた。

 香港メディア「東網」(11月6日付)によると、北京在住のこの男は今月、自らがHIVに感染していたことを知ったのち、腹いせとして故意にHIVに感染させようと40人以上の女性たちと“ナマ”で関係を持ったという。さらに、それをSNSで実況報告していた。

 男の詳しい素性はまだ明らかにされていないが、これまでネットなどで知り合った女子高生や女子大生をターゲットにしていたという。

 男の友人は、即刻やめるよう注意を促したというが、男は「俺は被害者だ。女たちにHIVを感染させ、そいつらがまた別の人間にHIVを感染させる。そう考えるだけでわくわくする。あいつらも俺と同じ道を歩ませてやる」と言い放ったという。

 この件がネット上で話題となると、北京の警察当局が刑事事件として捜査に乗りだした。

 中国では、昨年5月にも同様の事件が発生している。浙江省の浙江伝媒学院に通う男子学生が、HIVに感染したことを知りながら同性の恋人に故意に感染させようとしていたことが判明。犯罪行為に当たるとして、当局による捜査が行われた。

 国営メディア・新華社通信によると、中国のHIV感染者数は近年、毎年数万人単位で増加しており、2018年現在、累計82万人を突破している。さらに、行政が把握しきれていない感染者が、全国に20~40万人いるとされている。

 また昨年、5つの大学が密集し、22万人の学生が生活する湖南省長沙市の学園都市で、106人もの学生がHIVに感染していたことがわかり、中国社会に衝撃を与えた。

 こうした感染拡大の裏側には、故意による感染も、少なからず含まれているのかもしれない。

「エイズの世界にようこそ」は、中国では単なる都市伝説ではない。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/11/10 16:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「エイズの世界にようこそ」HIV感染者が“腹いせ”でウィルスを拡散、SNSで実況報告!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...
写真