日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > HIV感染者が腹いせでウィルスを拡散

「エイズの世界にようこそ」HIV感染者が“腹いせ”でウィルスを拡散、SNSで実況報告!

中国の大学では、自動販売機でHIVの検査キットも販売されている

「AV人権倫理機構」が、AV女優として活動中の女性がHIV検査で陽性だったことを公表し、業界が騒然となったが、中国ではある男がHIVウイルスを故意にまき散らすという事件が起きた。

 香港メディア「東網」(11月6日付)によると、北京在住のこの男は今月、自らがHIVに感染していたことを知ったのち、腹いせとして故意にHIVに感染させようと40人以上の女性たちと“ナマ”で関係を持ったという。さらに、それをSNSで実況報告していた。

 男の詳しい素性はまだ明らかにされていないが、これまでネットなどで知り合った女子高生や女子大生をターゲットにしていたという。

 男の友人は、即刻やめるよう注意を促したというが、男は「俺は被害者だ。女たちにHIVを感染させ、そいつらがまた別の人間にHIVを感染させる。そう考えるだけでわくわくする。あいつらも俺と同じ道を歩ませてやる」と言い放ったという。

 この件がネット上で話題となると、北京の警察当局が刑事事件として捜査に乗りだした。

 中国では、昨年5月にも同様の事件が発生している。浙江省の浙江伝媒学院に通う男子学生が、HIVに感染したことを知りながら同性の恋人に故意に感染させようとしていたことが判明。犯罪行為に当たるとして、当局による捜査が行われた。

 国営メディア・新華社通信によると、中国のHIV感染者数は近年、毎年数万人単位で増加しており、2018年現在、累計82万人を突破している。さらに、行政が把握しきれていない感染者が、全国に20~40万人いるとされている。

 また昨年、5つの大学が密集し、22万人の学生が生活する湖南省長沙市の学園都市で、106人もの学生がHIVに感染していたことがわかり、中国社会に衝撃を与えた。

 こうした感染拡大の裏側には、故意による感染も、少なからず含まれているのかもしれない。

「エイズの世界にようこそ」は、中国では単なる都市伝説ではない。

(文=青山大樹)

最終更新:2018/11/10 16:00
関連キーワード

「エイズの世界にようこそ」HIV感染者が“腹いせ”でウィルスを拡散、SNSで実況報告!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

森喜朗氏の女性蔑視発言が海外でもいじられている!

「東京オリンピック・パラリンピックの組織員会...…
写真
インタビュー

猫ひろし、まさかの東京五輪2020延期で選手生命の危機!?

 新型コロナウイルス感染拡大の騒動により、すっかり忘れ去られてしまった感のある東京オ...
写真