日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > 『BLACK LAGOON』の今後は?

『BLACK LAGOON』4年半ぶりに単行本が発売! 今後はどうなる?

『BLACK LAGOON(11)ロアナプラお土産セット付き限定版』 (サンデーGXコミックス)

 広江礼威のヒット作『BLACK LAGOON』(小学館)の単行本が4年半ぶりに刊行。待ち続けていたファンたちは歓喜に沸いている。

 2001年に「月刊サンデージェネックス」(同)にて読み切り掲載の後、2002年から連載が開始された、この作品。テレビアニメも2期放送された後、海外でのヒットも受けて第3期がOVAでリリースされるという世界規模の人気作である。

 だが、近年はたびたび休載。今回の単行本発売前の8月には、また「単行本作業のため」と理由を告げてそのまま休載となっている。そのため、業界内外では作者の健康不安もささやかれている状態である。

 健康不安もさることながら、作品そのものについて業界内外で語られるのは「読者が納得できる形で完結させるのが、相当難しい」ということ。というのも、連載開始からすでに16年を迎え、作品と現実の世界情勢が大きく乖離してしまっているからだ。

 ご存じの通り、物語の舞台は東南アジアの架空の都市・ロアナプラ。そこには、世界の犯罪組織や反体制勢力が集っているという設定である。だが、そこで描かれる勢力構造が、すでに過去のものとなっているのだ。

「物語で描かれている時代は冷戦崩壊後。1990年代後半ごろだと考えられます。連載開始前年の2001年には9.11がありました。その後、イラク戦争を経てイスラム原理主義勢力という、当時は考えられなかった勢力が台頭し、世界規模の脅威となっています。物語で存在感を発揮しているCIAも9.11が阻止できず、その後も失態を繰り返しNSAに存在意義を奪われています。今の世界情勢で、どこの国の政府もロアナプラのような街を“必要悪”として認めはしないでしょう」(編集者)

 ロベルタ編で多くのページを割いて描かれたコロンビア革命軍も、追い詰められた末に武装解除。そのスポンサーであったキューバもアメリカと国交を正常化している時代。そんな世界情勢で、考えられる完結は、ロアナプラの滅亡であろう。

 結果、物語はハッピーエンドでもバッドエンドでも後味の悪いものになりそう。しかし、それでこそ『BLACK LAGOON』の持ち味といえるのかもしれない。
(文=ピーラー・ホラ)

最終更新:2018/11/20 22:30

『BLACK LAGOON』4年半ぶりに単行本が発売! 今後はどうなる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

嵐・大野「口止め誓約書」で思い出される悲劇

 活動休止まで残り2カ月となった国民的アイド...…
写真
インタビュー

9太郎が提唱! アイドル炎上回避ガイド

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、「自粛」の名の下にエンタメ界ではコンサートやイベ...
写真