日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > “自慰休暇”で生産性アップ!?

イギリス企業、従業員に“自慰休暇”で生産性アップ!?

イメージ画像

 ワーカホリックの日本人が有給休暇さえロクに消化せずに汗水たらして働く一方、イギリスのある企業では、従業員のために新たな休暇を設けた。

 現地タブロイド紙「ミラー」が伝えたところによると、その休暇の目的は従業員にオナニーをさせ、リフレッシュしてもらうことにあるという。

 アダルトグッズブランドのLELO UK社は、おそらく世界で初めて、従業員に“自分を慰める日”を取るように勧めている会社となった。その休日には、従業員たちが性的に満たされ、たくさんのオーガズムを得ることを奨励している。

 同社によると、それが従業員の幸福度を高め、ストレスを軽減し、生産性をアップさせると考えているのだという。これを証明するため、同社では2,000人以上のイギリス人を対象に、何が彼らを幸せにするかについてのアンケート調査を行った。

 それによると、78%の回答者が「オーガズム」と答えており、その快感は、オナニーでもパートナーとのセックスでも同じだというのだ。

 さらには、66%の回答者が「オーガズムの後は生産性が高いと感じる」と答えており、40%が「オーガズムによる幸福と生産性アップ効果から恩恵を受けている」と考えている。しかもその恩恵は、オナニー後、5日間も続くという。 

 ちなみにイギリスでは昨年、ノッティンガム・トレント大学の心理学研究家が、「緊張状態やストレスの緩和に大きな効果を期待できる」として、仕事の合間の「オナニー休憩」を提唱して話題となっている。

 LELO社の広報担当は、オナニー休暇についてこう述べている。

「これにより当社の従業員が、休暇の翌日にはスキップしながら出社し、できるだけ生産性を上げてもらえたらと望んでいます」

 ただ、日本企業がこのオナニー休暇を導入する日が来たとして、シャイな日本人はそれを 申請することができるだろうか……。

最終更新:2018/11/28 18:00
関連キーワード

イギリス企業、従業員に“自慰休暇”で生産性アップ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

『表現の不自由展』の裏側

 今年開催された国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2019』に出店された『表現の不自由...
写真