日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 「鉄道ライター」も十分食える時代に

完全に定着した鉄道ブーム……いまや「鉄道ライター」も十分に食える時代に

※イメージ画像

 いつの間にか、鉄道ブームはすっかり定着したようだ。

 かつて、鉄道ファンというのは「ヤバい」とか「暗い」などというネガティブなレッテルを貼られがちの存在であった。確かに、今でも写真撮影のために傍若無人な行動を取り、一般の乗客や鉄道会社に迷惑をかける悪質な鉄道ファンは、問題になったりする。

 ただ、そうした不心得者はむしろ少数派。大半を占めるのは、人に迷惑をかけずに、乗ったり撮ったりを楽しむ人々である。

 もはや鉄道ファンは、従来のコア層から中高年を中心とするライトな新参者。そして、若い女性にまで広がっているのだ。

 とりわけ、旅の一環として鉄道に主軸を置く人も増えている。特定の車両に乗ったり、ローカル線をめぐったり。毎年「青春18きっぷ」のシーズンになるとローカル線で見かける旅姿の乗客には、とにかく中高年や若い女性が目立つのである。

 手軽に見て、乗れて、体験して楽しめる趣味といえる“鉄道趣味”の定着。それによって、大きく変容しているのが、鉄道関係を主に執筆する鉄道ライターたちである。ある若手鉄道ライターは語る。

「10年ほど前までは、鉄道だけで生活できる原稿料を得るのは困難でした。なので、普段はまったく無関係の記事などを書いて、鉄道ネタは半ば趣味で書くというのが当たり前だったんですが、最近は鉄道ネタだけで十分食えるようになっているんです。決して原稿料は高くありませんが、ネット媒体でも鉄道ネタを扱う割合が増えたのが、主な理由です」

 さまざまな媒体で扱われる鉄道ネタの急増によって「今では、鉄道をメインにしている専業ライターは十分に食える」状況が生まれているという。かつての「実益度外視」の時代からは、隔世の感がある。

 ただ、それは決して盤石なものではない。

「路線も車両も駅も有限ですから、単に行ったり見たりを書いているだけでは凡庸な記事になってしまいます。歴史だとか、沿線の事情とか、何かウリを見つけておかないと、長続きはしないでしょう」(同)

 よりマニアックだけど、面白いネタが増えるのは大歓迎だ。
(文=大居候)

最終更新:2018/12/08 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

完全に定着した鉄道ブーム……いまや「鉄道ライター」も十分に食える時代にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...…
写真