日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 久保田かずのぶのリズミカルな悪口

久保田かずのぶが“MCサーモン”として「権力者批判ラップ」を披露するも大ブーイング!?

とろサーモン・久保田かずのぶ

 12月6日放送の『NEWS RAP JAPAN』(AbemaTV)に、とろサーモン・久保田かずのぶが“MCサーモン”として出演。自慢のラップを披露したのだが、『M-1グランプリ』暴言騒動についてのラップとも解釈できる内容だったことから「全然反省してないだろ」と批判の声が上がっている。

 久保田は『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)放送後、スーパーマラドーナ・武智のインスタライブで審査員を批判。「自分の感情だけで審査せんとってください。1点で人の一生変わるんで」「お前だよ! わかるだろ? 右側のな」などと感情を露わにしていた。

 このとき彼が批判していたのは上沼恵美子のことだったようで、後日、久保田はTwitterで「上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪。しかし今回の『NEWS RAP JAPAN』では、「悪いものを打ちのめすヒーローは2次元では人気をあつめるが、会社や社会の中では年長者・権力者に意見することは、正しい事でも“罪人”“悪人”のように大衆につるし上げられ羊として生きることが正しいと洗脳された家畜たちに批判される運命にありますが……」などと挑発的なリリックを披露している。

「“権力批判”だけでなく彼らに迎合する大衆もディスったラップで、久保田は『勇気ある者を潰しにくるのは彼らが皆、権力に逆らえない自分の生き方を変える勇気がないのか』とも主張していました。これには番組MCのラッパー“DARTHREIDER”も、『なんか一番“右の人”すごいね。お前だよお前、一番右の人』と苦笑い。視聴者からは『完全に開き直ってるじゃん』『これは下手したら解雇されてしまうのでは?』『酔っ払ってインスタライブで愚痴ることが“勇気”なの?』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 肝心なラップの出来の方には、視聴者から「ただのリズムに合わせた悪口」「韻とか踏まなくてもいいんですか?」「ラッパーとしても上手くないし芸人としても面白くない」といった辛口コメントが。また一度謝罪していたこともあり、「ブレブレすぎてダサい」などとも指摘されている。

「久保田の審査員批判には、同じ芸人からもさまざまな苦言が呈されています。山里亮太は自身のラジオ番組で『SNS講習で習っただろ?“飲んだらやるな。やるなら飲むな”って』とコメント。博多大吉も自身のラジオで『僕史上最大級の雷を落とします』と宣言していました。しかし久保田からしたら、彼らも“家畜たち”の一員になるのかもしれません」(同)

 各方面に新たな敵を作ってしまいそうな久保田。これ以上傷口を広げるようなことにならなければ良いのだが……。

最終更新:2018/12/07 15:30

久保田かずのぶが“MCサーモン”として「権力者批判ラップ」を披露するも大ブーイング!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

“バズる学生芸人”に聞く

 今、お笑い第7世代といわれる人たちを中心にお笑いブームが盛り上がる中、それに伴い「...
写真