日刊サイゾー トップ > 芸能  > ブルゾンに業界は「面白いこと言え」

意外と生き残っているブルゾンちえみ、業界評は「使いやすいけど、もっと面白いこと言って」

ブルゾンちえみ 公式インスタグラム(@buruzon333)より

 2017年に「35億!」で大ブレークを果たした女性ピン芸人・ブルゾンちえみ。ブームから1年以上が経過し、さすがにテレビ番組の出演数は減少しているが、それでもまだしぶとく生き残っている。

「はやりの芸人ではないものの、知名度は高いので、VTRを見る系のバラエティー番組やチームを組んでゲームをするような番組では、使いやすいんですよね。特徴的なルックスなので、ひと目見て誰だかわかるという点もメリットです」(テレビ局関係者)

 ブレーク後にはドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)にメインキャストの1人として出演、さらに同年8月には『24時間テレビ40』(日本テレビ系)のチャリティーランナーを務めるなど、一気にスターダムに駆け上がったブルゾンちえみ。特に最近は日本テレビでの出演が多い傾向にあるという。

「日テレでは、『24時間テレビ』でチャリティーランナーを務めたタレントを少なくとも向こう1年間は優先的に使っていくという約束事があるといわれています。ブルゾンが24時間テレビで走ってから1年以上がたちますが、まだギリギリ“優先期間内”ということなのかもしれません」(同)

 しかし、そんなブルゾンについては厳しい声もあるようだ。制作会社スタッフは、こう話す。

「いわゆる“人数合わせ”のような形で起用される機会も多いブルゾンさんなんですが、芸人としてはトークが微妙。自分から積極的にボケていくことはあまりなくて、周囲の芸人からのイジリを待ってばかりなイメージです。年齢層に関係なく知名度があるタレントさんだから、制作サイドとしてはすごく使い勝手が良くて、今後も継続してオファーしていきたい。でも、あまりにも面白いことを言わないから困っている……なんていうスタッフも少なくないのでは。もっと面白いことを言ってくれるようになれば躊躇せず使えるタレントさんになるんですけどねえ」

 タレントとして価値はあるようだが、実力が少々足りないブルゾンちえみ。今こそ一発屋で終わるか否かの分かれ道といえそうだ。

最終更新:2018/12/14 12:00

意外と生き残っているブルゾンちえみ、業界評は「使いやすいけど、もっと面白いこと言って」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真