日刊サイゾー トップ > 芸能  > とんねるず番組スポンサー降板か

ブルゾンがまおみをガン無視、とんねるずスポンサー降板か、ジャニヲタが警察沙汰、坂口杏里……週末芸能ニュース雑話

とんねるず“保毛尾田保毛男”復活に呆れ

ブルゾンがまおみをガン無視、とんねるずスポンサー降板か、ジャニヲタが警察沙汰、坂口杏里……週末芸能ニュース雑話の画像1インスタグラム

デスクT た~いへん!! 優木まおみのインスタグラムに、珍しく“仲間”が映ってるよ!

記者H わざわざ叫ぶほどのことですか? 優木は28日、元テレビ朝日アナウンサーの前田有紀とのツーショット写真を投稿。どうやら、前田がオープンさせた花屋の開店祝いに訪れたようです。……って、こんなくだり、前にもありませんでしたっけ(これ)?

デスクT だってー、優木って相変わらず芸能人たちからフォローガン無視されてるし、家族以外がSNSに出てくることってほぼないんだもん。“仲間”なんて登場したら、びっくりしちゃうよ!

記者H 優木って、同じママタレのスザンヌや、芸人のブルゾンちえみにまでフォロー返しされてないんですね……。子どもへの中傷にも悩んでいるみたいですし(関連記事)、インスタやめればいいのに……。それより、28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP』(フジテレビ系)に、批判が集まっています。

デスクT 保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)でしょ~。この時代に復活させるとか、正気とは思えないよね~。これでこそフジ~。

記者H 番組では、石橋貴明が28年ぶりに保毛尾田保毛男のキャラクターに扮し、銀座で食べ歩きロケを実施。青髭に、片手に扇子、口をすぼめる独特の喋り方を披露し、木梨憲武が「あんたホモでしょ!」と言い放ったり、たけしが「小学校のとき、こういうオヤジが公園で待ってた」と指摘するなど、男性同性愛者を笑うような発言が繰り返されました。

デスクT 小学校のとき、クラスの気の弱い男の子が、ピアノ習ってるってだけで「保毛男」ってイジめられてたなあ……。

記者H マイノリティに関する情報に乏しく、差別的な表現が日常的に放送されていた昭和の時代と今は違いますからね。ネット上では、「昭和の負の遺産が、現代に復活してしまった」「保毛尾田保毛男のせいで、忘れかけていた辛い思い出がどんどん思い出されてすごく嫌な気持ちに」「このご時世に再現するなんて、フジテレビはどういう神経しているのだろうか。ゲイを笑いものにして、それが本当に面白いのか」といった声が多く上がっています。


123
こんな記事も読まれています

ブルゾンがまおみをガン無視、とんねるずスポンサー降板か、ジャニヲタが警察沙汰、坂口杏里……週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...…
写真