3歳女児「世界で3番目に幼い乳がん患者」に……中国で急増する小児がん

乳がんの摘出手術を受ける女児

 中国では数年前から小児がんの患者数が急増している。あるデータによれば、小児がん患者は毎年約4万人ずつ増加しており、その背景には工業化による種々の公害や、食品汚染などがあることも指摘されている。そんな中、3歳の女児が小児乳がんと診断された。

 中国国営メディア「新華網」(12月7日付)によると、江蘇省南京市で母親が女児の胸部にやわらかいしこりのようなものがあるのを発見。その後、病院で検査を行ったところ、乳がんと診断され、この女児は世界で3番目に幼い乳がん患者となった。

 医師はすぐに摘出手術を行い、女児は無事に退院することができたというが、中国ではほかにも多くの子どもたちががんに苦しんでいる。

 昨年10月には、遼寧省大連市に住む2歳の男児が肺がんと診断された。現地メディアは、男児が住む住宅の壁などに使用されていた違法な化学物質や、大気汚染物質が、がん発症に影響した可能性を報じている。

 イギリスで創刊されている世界的医学雑誌「ランセット」は、中国の9~14歳の子どもの最も多い死因はがんであると発表している。また、中国国内の子どものがん発症率は、この5年で約5%増加していることもわかっている。中国では、急速な工業化による環境破壊や食品汚染が問題となっているが、最も影響を受けやすいのは子どもたちの若い細胞だ。さらに、医療制度に大きな格差があるため、小児がんを発症しても家庭の金銭的事情から適切な治療を受けることが難しいケースも多い。

 急増する小児がん患者は、中国の歪んだ発展の落し子といってもいいかもしれない。

最終更新:2018/12/18 21:00

3歳女児「世界で3番目に幼い乳がん患者」に……中国で急増する小児がんのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

2019年注目すべきメジャー洋画!!

 あけましておめでとうございます。お正月休みには、たっぷり映画を楽しみたいという方が...
写真