日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『あいのり』で「完全な傷害事件」

『あいのり』が“テレビ史上最大の放送事故”に……「完全な傷害事件!」

『あいのり Asian Journey SEASON2』オフィシャルサイトより

 昨今はバラエティ番組の“やらせ”が世間をざわつかせているが、ガチでやるとトラブルが起きる見本となったのではないだろうか。

 番組冒頭で「これからの映像は精神的なストレスを感じられる方もいらっしゃる可能性があります。また小さいお子様がご覧になる時は、なるべく保護者の方もご一緒いただくようお願い致します」と、バラエティ番組としては異例の字幕が挿入されたのが、Netflixで先行配信されている恋愛バラエティ番組『あいのり:Asian Journey SEASON2』(フジテレビ系)だ。

 12月上旬に公開された第6話を観た視聴者からは、「胸糞悪い」「山手線のサラリーマンの喧嘩を目撃した後の様な不快感」「ヤ〇ザにしか見えんかった」「テレビ史上最大の放送事故」といった辛らつな感想が連打されている。

「視聴者から袋叩きとなっているのは、女性メンバーの“でっぱりん”です。おとなしい他の女性メンバーの頼りなさに激怒し、説教を始めたうえ、そのメンバーには“でっぱりん”への敵意がないにもかかわらず、怒りが収まらずに暴行に及んだのです。メンバーと番組ディレクターが抑えにかかるも、エンジンがかかってしまい、最終的には道端で暴れ始めて収拾がつかなくなる始末。聞くに堪えない暴言や暴力、絶叫シーンがひたすら続き、現地の警察も出動する事態に。メンバーがPTSDを発症し、旅を続けられなくなる深刻事態となりました」(テレビ誌ライター)

『あいのり』といえば、旅とピュアな恋愛を楽しむ番組だったはずだが……。

「最近の内容は“でっぱりん”のマジギレばかりで、胃もたれがしますね。ピュアとは真逆の内容です。しかも、Netflixは有料配信ですから、『こちとら、ケンカ見るために金払ってるんじゃないんだ』との怒りの声も聞かれます。今回の暴行は完全に傷害事件レベルだったこともあり、笑顔を浮かべてスタジオで甘口トークをしていたベッキーにも、視聴者の怒りが飛び火して。SNSで批判を浴びています」(芸能ライター)

 やはり、バラエティには「台本」が必要なのかもしれない!?

最終更新:2019/03/14 12:57
こんな記事も読まれています

『あいのり』が“テレビ史上最大の放送事故”に……「完全な傷害事件!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真