日刊サイゾー トップ > 芸能  > 桑名正博だけじゃないニセモノ騒動

桑名正博“ニセ息子騒動” ほかの芸能人にもニセモノ登場?

『桑名正博35周年BEST「Masahiro Kuwana Tracks on」』(USMジャパン)

 2012年に亡くなったミュージシャンの桑名正博さんの長男を名乗る男が全国各地に出没しているという。自らの存在を各所でアピールし、食事をおごってもらうほか、福島では地域のコミュニティFMのラジオ番組にもちゃっかり出演していたというのだから、大した度胸だ。さらに歌やギターを披露することもあったが、当然ながら「下手」であったようだ。

 実際に桑名さんには実際にミュージシャン活動をしている長男の美勇士(みゅうじ)さんがいるので、事態は思いの外ややこしい。だが、こうした芸能人のニセモノ騒動は、今に始まったことではない。

「昭和期の名コメディアンといえる“エノケン”こと榎本健一はエノケン一座を率いていましたが、この人気にあやかってエノケ“ソ”一座が現れたそうです。当時は今より情報がありませんから、このニセ一座は全国各地で熱狂的に迎え入れられたそうです。クオリティもそこそこのものだったのではないでしょうか?」(芸能ライター)

 この騒動は、人気劇作家・三谷幸喜によって『エノケソ一代記』として演劇化されている。昭和初期の時代ならば笑い話で済むエピソードにもなるのかもしれないが、つい最近にもニセモノ被害にあった人間がいる。

「お笑い芸人の永野はブレーク後に、西麻布の高級バーを訪ねたところ、店員から『この前はどうも』とあいさつをされたそうです。心当たりがないので調べると、この店に永野を名乗る人物が現れ、ネタを披露したそうです。けっこうなギャラをもらったほか、さらに女性をお持ち帰りしていたことも発覚しました。顔や髪型が似ていたのかはわかりませんが、かなり大胆不敵な犯行といえるでしょう」(同)

 芸能人のニセモノを名乗って謝礼を受け取れば詐欺罪に問われる可能性もあり、名乗るだけでも十分何よりモラルに反する行為である。厳に慎むべきであろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/12/21 19:30
こんな記事も読まれています

桑名正博“ニセ息子騒動” ほかの芸能人にもニセモノ登場?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真