日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 元モー娘。飯窪春菜、活動は安泰?

明石家さんま、藤子不二雄Aらを掌握する元モー娘。飯窪春菜 その人脈で芸能活動は安泰?

飯窪春菜オフィシャルブログより

 モーニング娘。’18の全国ツアー『モーニング娘。’18 コンサートツアー秋~GET SET,GO!~』の最終公演が12月16日、日本武道館で開催され、サブリーダーの飯窪春菜が同グループおよびハロー!プロジェクトを卒業した。この日、武道館の関係者席にはかなり珍しい大物が座っていたという。

「漫画家の藤子不二雄Aさんと、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親である堀井雄二さんが、飯窪の卒業を見届けにきていました」(芸能記者)

 漫画やゲームが大好きだという飯窪。同じ趣味を持つ中川翔子とも交流があり、その中川を通じて、藤子不二雄A氏や堀井氏とも知り合ったという。

「ハロプロメンバーは基本的に外部のタレントとはあまり密に交流を持たないのですが、飯窪はかなり社交的で顔が広い。元々飯窪は中川翔子のファンで、共演をきっかけに仲良くなっていったんですが、いつの間にか中川のほうが飯窪にベタぼれ状態になっていたようです。飯窪は天性の人たらしというか、周囲の人にものすごく愛されるタイプで、藤子不二雄Aさんや堀井さんも飯窪の魅力にやられてしまったのではないでしょうか」(同)

 飯窪は、そのほかにも最上もが、南波志帆、生駒里奈などとも仲がいいようだ。

「基本的に漫画やゲームなどの趣味が合う芸能人同士の交流ですが、その筋の人から見ると“絶妙だな”という感じです。芸能界っぽさはそこまでなく、カルチャーっぽさは多少あって……というか。モーニング娘。卒業後は、漫画やゲーム関連の仕事も増えそうです
」(同)

 交友関係の広さがソロ活動に好影響を与えそうな飯窪だが、それ以上に重要な存在となりそうな大物も味方につけている。

「飯窪は2013年からMBSラジオ『MBSヤングタウン土曜日』で明石家さんまさんと共演をしています。毎週さんまさんと共演してきた経験は芸能人としてはかなり大きいですよね。すでにさんまさんとの息はピッタリで、番組ではさんまさんをイジリ返すこともしばしば。今後バラエティー番組で共演することがあれば、かなりの爆発力を発揮するでしょう」(同)

 ちなみに、『ヤングタウン』のレギュラーはモーニング娘。卒業後も継続する飯窪。さんまとの信頼関係もより一層強固となり、今後の芸能活動も安泰か?

最終更新:2018/12/22 10:00

明石家さんま、藤子不二雄Aらを掌握する元モー娘。飯窪春菜 その人脈で芸能活動は安泰?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

完全終了!? テレ朝『報ステ』

 テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステー...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...
写真