日刊サイゾー トップ > 社会  > 安倍首相と捕鯨の“浅からぬ関係”

モリカケ以上の忖度が……⁉ IWC脱退表明で思い出される安倍首相と捕鯨の“浅からぬ関係”

 1946年、戦時中から中止されていた捕鯨の再開をGHQに進言したのは、現在のマルハニチロの前身である大洋漁業株式会社社長、中部幾次郎である。GHQが捕鯨再開を認めると、同社は戦後最初の捕鯨船を南氷洋に向かわせている。その船こそ、現在の調査捕鯨船「日新丸」にその名が引き継がれている「第一日新丸」なのだ。その後、同社は捕鯨によって大成長を遂げる。プロ野球球団「大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ) 」の名前が鯨に由来していたのも偶然ではない。

 一方で、山口県下関市に本社を構えていた同社は、地元の有力政治家に多額の企業献金を行っていた。それが岸信介と、その義理の息子であり、安倍首相の父である安倍晋太郎である。幾次郎の三男で、大洋漁業の副社長だった利三郎は、晋太郎の後援会長も務めていたほどだ。まさに岸・安倍家は、下関の鯨肉産業によって支えられたといっても過言ではないのである。

 岸・安倍家がこれにどう報いたのか定かではないが、岸が総理の座にあった昭和 30 年代には、下関港で年間に水揚げされる鯨は最高で 2万トンに上っている。ちなみに、商業捕鯨が禁止された現在でも、釧路港と並んで下関港で調査捕鯨の水揚げが行われているのだ。

 需要もなく、国益にかなわないにもかかわらず推し進められる商業捕鯨再開の裏には、モリカケ問題どころではない官僚の忖度が働いている⁉

最終更新:2018/12/26 18:00
12

モリカケ以上の忖度が……⁉ IWC脱退表明で思い出される安倍首相と捕鯨の“浅からぬ関係”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

西寺郷太が提唱!ノートの書き方

NONA REEVESのソングライター、ボーカリストとして活躍するだけでなく、マイケル・...
写真