日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 今年のブレイクタレントは?
ズバッと!芸能人【番外編】

DA PUMP、チョコプラ、古市憲寿……2018年のバラエティ番組をにぎわせたブレークタレントは?

U.S.A」(SONIC GROOVE)

どうしてあのタレントは人気なのか? なぜ、あんなにテレビに出ているのか? その理由を、業界目線でズバッと斬る「ズバッと芸能人」。

 2018年もあとわずか。テレビ界では『あさイチ』(NHK)でのV6井ノ原快彦・有働由美子アナの卒業、『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の相次ぐ終了から、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのやらせ疑惑までさまざまな出来事があったが、そんなバラエティ番組を席巻した3組を紹介しよう。

 まずは古市憲寿だ。活躍し始めた当初は「社会学者」という肩書、さらにそのコメントとのギャップで拒絶反応を示していた視聴者も多く、露出も『ワイドナショー』『とくダネ!』(フジテレビ系)、他局では『ニノさん』(日本テレビ系)と限定的であった。 

 だが、今年夏頃、ネットニュースで彼のコメントに共感の声が寄せられていると報じ始られたことから風向きが一変。それまで足踏みしていたバラエティスタッフが次々とオファーし始めた。さらに、渡辺直美が「自分が思っていることをちゃんとテレビで言ってるのがすごい」と評価したり、城田優や佐藤健といった著名人とも親しく、林真理子から「人をムカつかせる天才」など、意外と愛されている人柄も人気拡大の理由に。

 主食がチョコで、寝ている間も自分で気がつかない間に起き出して食べてしまうなど、その変わった私生活にも関心が寄せられた。

 そして何より、彼の一連のコメントもたびたび報じられるうちにある種の「芸」と認識されるようになり、すっかりテレビ画面になじんだ感がある。 

 続いては、お笑いコンビ・チョコレートプラネットだ。ここまで売れっ子になったのは当然、松尾がIKKOをものまねしたことが大きい。もともとIKKOの「どんだけ~!」は番組のオイシイところを見せるオープニングVTRやCM前のフレーズ、トークのシメなど、どのタイミングで何回言っても使い減りしないフレーズであった。

 それを「見つけた」松尾の勝利であるが、さらには『キングオブコント2018』(TBS系)の1stステージで高得点を獲得し優勝が目前だったものの、ファイナルで失速。結果3位に終わるという、芸人としては「オイシイ」ネタができたのもポイントだった。


12
こんな記事も読まれています

DA PUMP、チョコプラ、古市憲寿……2018年のバラエティ番組をにぎわせたブレークタレントは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

ジャニー氏逝去をめぐる情報操作

 7月9日23時半、テレビやスポーツ紙 の ...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...…
写真