日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > ズバッと芸能人  > 今年のブレイクタレントは?
ズバッと!芸能人【番外編】

DA PUMP、チョコプラ、古市憲寿……2018年のバラエティ番組をにぎわせたブレークタレントは?

 さらに、彼らは『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で、DA PUMPの「U.S.A」に便乗して国あるあるをテンポよく言っていく「U.S.A.ゲーム」など別角度で訴求したのもよかった。

 彼らがうまいのは、IKKOのマネをしている松尾が松尾本人としてバラエティに時折出るなど、飽きられないようにしていることだ。年末にかけては相方の長田が狂言師・和泉元彌のマネを積極的にし始め、来年につなげようという狙いも透けて見える。

 3組目はDA PUMPだ。先に述べたように「U.S.A」のヒットによって再ブレークしたわけだが、その歌の気安さとともに「いいねダンス」が“ネタ”としてバラエティで大ウケ。各番組こぞってISSAにレクチャーを求めていた。一時期バラエティ定番の「歌の振り真似」と言えば三代目 J Soul Brothers の「R.Y.U.S.E.I.」の間奏で踊る「ランニングマン」だったが、すっかり交代した印象がある。

 さらに、そのノリの良さで『ベストアーティスト2018』や『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)などのオープニングアクトとして重宝されるようになった。ただ心配なのが次の曲と、他のメンバーの名前がほとんど知られていないことだ。歌で認知されたあとはグループとしての人気を定着させなければならないのだが、やはりISSA以外のキャラクターがあまり掘られていない。

 来年は、果たしてどんなタレントが人気者になるのだろうか? 楽しみにしたい。

(文=都築雄一郎)

◆「ズバッと!芸能人」過去記事はこちらから◆

最終更新:2018/12/30 14:00
12

DA PUMP、チョコプラ、古市憲寿……2018年のバラエティ番組をにぎわせたブレークタレントは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真