日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 白石麻衣“握手会中止”に2つの説

乃木坂46・白石麻衣の“握手会中止”に心配の声……「2つの説」が拡散中!

【校正待ち】乃木坂46・白石麻衣の握手会中止に心配の声……「2つの説」が拡散中!の画像1
乃木坂46公式サイトより

 その瞬間、会場の3分の1を占めていたレーンが一気に崩壊、混乱状態になったという。

 12月23日に乃木坂46のCD購入者を対象とする「全国握手会イベント」が行われたが、途中まで参加していた白石麻衣の握手会が中止となり、ネット上ではファンの悲痛な声が連打される事態となった。

「この日、白石は右手を負傷してしまったことをブログで報告。軽い動作でも痛みが生じる状態とのことで、握手会には左手のみで対応することを伝えていました。この“神対応”には、参加を予定していたファンからは『手を負傷しても握手出てくれるなんて』『とにかく参加してくれてありがとう!』と感激。彼女に会うことを楽しみにしていたようだ。しかし、握手会はなぜか途中で中止の発表。朝から7時間並んでいたにもかかわらず、握手できなかった人もいたようです。並んでいたファンは急いで他のメンバーのレーンに並び直したものの、そちらも多くの人が時間切れに。とりわけ遠方から来たファンには気の毒なことになりました」(アイドル誌ライター)

 白石のケガ悪化が理由かと思いきや、現場にいたファンたちからは、白石の握手会が打ち切られた理由として「2つの説」がまことしやかに飛び交っていたという。

「ひとつは握手券を3,000枚出して約50分間話し込んでいたファンがいたという情報で、一時『まいやん3000枚出し』がトレンド入りしたほどの騒動となっていました。仮に1,850円のType-AのCDを3,000枚買っていたとすると、555万円以上かかりますから、ものすごい猛者ではありますが、並んでいたファンにとっては大迷惑でしかありません。もし事実なら、長時間相手をしたことで白石が疲弊して体調不良となった可能性はありそうです。もうひとつは、ファンが白石を盗撮していたという情報です。ルール破りがあったことで、スタッフと揉めていたとの説も多く聞かれ、こちらもありえそうな話です」(同)

 白石はわざわざケガを押して参加していただけに、のっぴきならない事情が発生していたのかもしれない。

最終更新:2018/12/26 20:00
こんな記事も読まれています

乃木坂46・白石麻衣の“握手会中止”に心配の声……「2つの説」が拡散中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーCM、なぜ素晴らしい?

 まだまだラグビーW杯は続くのに、日本の敗戦と...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真