日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『下町』最終回への“不満”止まず…

『下町ロケット』今夜特別編放送も、最終回に寄せられた“不満の声”はやまず……

TBS系『下町ロケット』番組公式サイトより

 昨年12月23日に放送された『下町ロケット』(TBS系)最終回の平均視聴率は16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だった。それまでの最高視聴率を最終回で更新し、有終の美を飾ったことになる。

「初回は13.9%とまずまずのスタートでしたが、第9話まではなかなか視聴率が伸びませんでした。特に第8話は11.5%を記録して、一時は1ケタ台へ転落かとささやかれたこともありましたが、ラストスパートでは、さすがの人気ドラマシリーズとして地力を見せました。番組関係者もホッと胸をなで下ろしていたといいます。しかし、第1シリーズは平均18.5%を記録しており、最高が22.3%、最低が16.1%であったことを考えると、今シリーズの視聴率がかなり見劣りするのは否めません」(テレビ情報誌記者)

 また、最高視聴率を記録したとはいえ、この最終回には視聴者から不満の声が寄せられた。その多くは、「こんなの最終回じゃない」という声だ。

「何しろ、伏線の多くが回収されていないですから、スッキリしないこと、この上ない。今回は無人農業トラクターの開発をめぐって、下町の中小企業連合軍vs. 佃製作所・帝国重工ペアの対立構図が描かれたのですが、最終回なのにその雌雄が決していません。また、かつて帝国重工の役員・的場(神田正輝)に苦汁をなめさせられた、ギアゴースト社長の伊丹(尾上菊之助)とダイダロス社長の重田(古舘伊知郎)が的場に復讐を果たそうとするのですが、その結末も描かれていません。全てが宙ぶらりんのまま、ドラマが終了してしまうのです。もっとも、これらは1月2日に放送される特別編で描かれるようですが、だったら“特別編”などと銘打たずに、最初から新春の放送回を“最終回”にしておけばよかったと思いますよ」(同)

 10月クールの連続ドラマが年をまたぎ、正月ドラマになるのは極めて異例のこと。序盤での思わぬ視聴率の苦戦に対するテコ入れ策だったのだろうか? 勧善懲悪が池井戸ドラマの魅力だけに、今度こそスッキリさせてほしいものだが……。

最終更新:2019/01/02 08:00
こんな記事も読まれています

『下町ロケット』今夜特別編放送も、最終回に寄せられた“不満の声”はやまず……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...…
写真