松本人志「体を使って」の大失言はなぜ起こった? 丸くなりすぎて意見する敵が……

2019/01/16 17:00

松本人志

 1月13日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)での松本人志による「体を使って」発言が波紋を呼んでいる。

 NGT48・山口真帆への暴行事件について、松本人志とゲストのHKT48・指原莉乃らがコメントしていたときのこと。指原が運営サイドの不手際について厳しく指摘しつつ、運営トップに偉い人が立ったとしてもなかなか上手く仕切れない現状を明かした。すると松本は「お得意の体を使ってなんかするとか……」と指原に対して発言。これがあまりにもひどすぎるセクハラ発言だとして、ネット上で叩かれているのだ。

「女性アイドルへの暴行事件の話をしているときに、“(女性が)体を使ってなんかする”と発言するのは、さすがにアウトでしょう。指原さんも珍しく嫌悪感をあらわにしていたし、特に笑いが起きていたわけではなかった。生放送で出てきた発言なら仕方ないとしても、収録なんだからあんな発言はカットすべきだったようにも思います。番組スタッフも、そういった部分に対する問題意識をあまり持ち合わせていなかったのかもしれません」(テレビ局関係者)

 毎週のように『ワイドナショー』での発言がニュースとなる松本人志だが、今回の発言は少々暴走気味だったといえるだろう。あるお笑い事務所関係者はこう話す。

「松本さんが、不用意な発言をするのは今に始まったことではないのですが、現実問題として松本さんが偉くなりすぎてしまって、誰も注意できない状況もあります。もしスタッフ側がわざとオンエアーに乗せ、炎上させることで、いかに不適切なものであったかを間接的に教えようとしたという可能性があるとしたら、ある意味すごいと思いますが……」

 お笑い界の頂点に立つ松本人志の扱いは、かなり難しくなっているこというわけだ。

「ここ最近の松本さんはすごく丸くなった印象ですね。スタッフと衝突するようなことも減って、後輩芸人にもすごく優しい。本当にいい先輩になってしまったがゆえ、松本さんのおかしな発言も許せてしまうような状況になって、余計に何か注意できるような感じでもないのかもしれません」(同)

 なお指原は、放送後に更新したTwitterで、「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく… 改めて録画をチェック… … …… …松本さんが干されますように!!!」とユーモラスにツイート。フォロワーからは称賛が集まっている。

 今回は指原に救われた格好になっているが、下手に丸くなってしまったからこその失言が増えているとの声もある松本人志。このままでは、完全に時代遅れの老人になってしまいそうだ。

最終更新:2019/01/16 17:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む