日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 110番通報「ラブドールが瀕死!?」

「俺の女が死んじゃう!」110番通報した男性の彼女の正体はラブドールだった!?

河川から回収されたラブドール

 1月10日は「110番の日」だったが、警察庁によると110番通報の20%は、まったく緊急性のない通報だという。

 それは、日本と同じく警察への緊急通報用の電話番号が110番である中国でも同様のようだ。

「中時電子報」(1月11日付)によると2日深夜、江蘇省蘇州市の警察に110通報が寄せられた。通報は市内の男性からで、切羽詰まった声で「交際相手の女性が危篤で危険な状態だ」と話したという。しかし、よくよく事情を聞くと、とんでもない事実が判明した。

 実は男性の交際相手とは、ラブドールのことだったのだ! 

 新品で購入したはずのラブドールの空気が抜け、ぐったりとしてしまったため、慌てて販売元に問い合わせたところ、修理や返品を拒否され、仕方なく110番通報したのだという。なんとも迷惑極まりない通報だが、警察は男性からの通報データを公式SNS上で公開し、「110番通報してもあなたの彼女は救えません」と、異例の通達を行ったのである。ちなみに今回対応した警察官は、親切にも消費者問題を管轄する工商局へ相談するようアドバイスしたという。

段ボール箱から見つかった、セーラー服を着たラブドール(百度新聞)

 実は中国では昨今、ラブドールに関連した警察への通報が急増している。昨年12月、安徽省蕪湖市では、路上の段ボール箱に死体が遺棄されているという通報が寄せられた。近隣の住民が大勢見守る中、警察が箱の中身を確認すると、セーラー服を着たラブドールが見つかった。同じく昨年末、江蘇省張家港市では、河川で釣りをしていた住民が「遺体が浮かんでいる」と警察に通報。すぐに捜査が行われたが、結局ラブドールだった。

 男女の人口比がアンバランスな状態となっている中国では、3,000万人もの男性が生涯結婚できないといわれている。それに伴い、独身男性たちの間でのラブドール需要が高まっていることが、こうしたお騒がせ通報の増加の背景にありそうだ。

(文=青山大樹)

最終更新:2019/01/17 18:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

「俺の女が死んじゃう!」110番通報した男性の彼女の正体はラブドールだった!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真