はあちゅう、電通、伊藤詩織さん……全方位を愚弄する竹内結子『QUEEN』の“激ヤバ”度

2019/01/24 20:00

フジテレビ系『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』番組公式サイトより

 これは、本当にヤバい作品かもしれない。17日に放送された竹内結子主演のドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』(フジテレビ系)第2話の視聴率は、初回から半減しての5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。本当に、下がってよかったと思います。すごく人を傷つけるよ、こういうドラマは。前回はアイドルを職業とする女の子たちを丸めて「どうせ全員、色情魔のズベ公だろ」と切って捨てた『QUEEN』でしたが、今回もまたやりました。現実の出来事をモチーフにするなら、これは本当にやっちゃいけないレベルのマナー違反ですよ。振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

 

■はあちゅうと伊藤詩織さんのハイブリッド

 今回、スキャンダル専門弁護士たちのクライアントは、電通をモデルにしたD社という大手広告代理店のトップクリエイター。モデルは東京五輪のロゴデザインでパクリ騒動を起こした佐野研二郎さんです。

 その佐野さん……じゃなくて、谷さん(波岡一喜)が、部下の派遣社員の女性にセクハラをしたとかしないとかで週刊誌にスッパ抜かれ、世の女性たちが抗議デモを起こしているところから始まります。

 匿名で被害を訴え出たのは、はあちゅうをモデルにした佐藤瑠璃(成海璃子)という人物。さらには伊藤詩織さんのように、セクハラを告発する本を出版するというので、D社は大慌てです。

 なお、ここまで「モデルにした」と断定調で書いていますが、別にフジテレビがそれらを「モデルにしました」と明言しているわけではないので、誤解なきよう。ただ、広告代理店がD社だったり、パクリ騒動が五輪ロゴだったり、告白本のタイトルが『ブラックダイアリー』だったりするので(伊藤さんの告発本のタイトルは『ブラックボックス』)、「モデルじゃないよ」は通らないだろうなと思って断定しています。

 続けます。

 瑠璃さんは、谷さんとD社に謝罪を求めていますが、D社側はそれには応じないといいます。そのD社が主人公・氷見(竹内)たちに依頼したのが、「謝罪はしない、沈静化しろ」というリスク回避の仕事でした。ちなみにD社は否定していますが、実際、谷さんは瑠璃さんにセクハラ・パワハラをしているというお話です。

 最初は匿名だった瑠璃さんでしたが、意を決して顔出しでテレビの取材に応えます。ここも伊藤詩織さんからの引用でしょう。

 成海璃子が美人だからなのかなんなのか、世間からは瑠璃さんへの批判が殺到します。「売名行為」「したたかな女」など、ネットは大炎上。瑠璃さんのキラキラインスタを見つけた氷見たちも「これで風向きが変わる(矛先が瑠璃さんに向く)」とニンマリです。ニンマリて。

最終更新:2019/01/24 20:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む