国民的アイドル・嵐が活動休止を発表! 会見での大野智が「メンバーに愛されすぎ」と話題

2019/01/28 15:30

嵐・大野智

 1月27日に、国民的アイドルグループの“嵐”が活動休止を発表。メンバーの5人が緊急記者会見を行ったのだが、ファンからは「大野くんが愛されすぎ!」との声が上がっていた。

 会見で大野智は、「僕たち嵐は2020年12月31日をもって、グループとしての活動を休止させていただくことになりました」と報告。理由について「自分の思いとしては、自由に生活を一回してみたいということをメンバー4人に伝えて、その後何度も何度も話し合いを重ね、2020年をもって嵐を休止する形になりました」と語っている。

 そんな中で会見では、記者から「無責任なのではないか?」という質問も。すると櫻井翔がすかさずマイクを持ち、「無責任かというご指摘に関しましては、我々からの誠意はおよそ2年近くの期間をかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です」「なのでそれが届くように、これからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、その姿勢と行動をもって無責任かどうかというのを判断いただければと思っております」と答えていた。

「さらに会見では“大野が悪者にされる可能性がある”との指摘も。たしかにSMAP解散騒動での木村拓哉を振り返ってもわかるように、様々な憶測が飛び交ってしまうリスクがあります。しかし二宮和也は、『1人がやりたくないって言った時には、“やりたくないのは何故か”というのを徹底的に話し合って、みんなで共有して決断する』『もしそうやってリーダーが矢面に立って、リーダーが悪者になって見えているのであれば、我々の力不足だと思います』と発言。これにファンからは、『みんなで大野くんをしっかり庇ってるのが泣ける。本当にいいグループだ』『ニノの返しが素晴らしい』『みんな大野くん大好きなのが伝わってくる』と称賛の声が寄せられていました」(芸能ライター)

 嵐のリーダー・大野の人望が際立った今回の会見。以前から彼は“リーダーっぽくないリーダー”などとも言われていたが、やはりメンバーからの熱い信頼を得ているようだ。

「以前大野は櫻井との対談で、“5人でいるからリーダーでいられる”と語っていました。一方で櫻井は、リーダーとしての大野について『引っ張っていくとかそういう感じではなく柔軟な感じ』『(ドラマの)撮影現場でも彼は輪の中心にいる』と説明。一般的な“リーダー像”とは少し違いますが、やはり大野がリーダーだったからこそ今の嵐があるのでしょう」(同)

 今回の会見では“解散ではない”と断言していた嵐。2020年に活動を休止したとしても、いずれ戻ってきて嵐を巻き起こしてくれるだろう。

最終更新:2019/01/28 15:30

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む