日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > バッドナイスはバカリズム方式?

バッドナイス常田の相方が芸人引退、コンビ解散しないのはバカリズム方式?

文=平田宏利

バッドナイス常田の相方が芸人引退、コンビ解散しないのはバカリズム方式?の画像1
ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 お笑いコンビ・バッドナイスの内田英輔が1月27日に芸人を引退した。バッドナイスから内田が脱退する形で、今後はバットナイス常田がピン芸人として活動を続ける。コンビ解散ではなく、脱退という形を取るのはバカリズム方式といえる。

「バカリズムは1995年に専門学校の同級生とコンビを結成します。当時、バカリズムは本名の升野英知、あるいはバカリズム升野を名乗っていました。しかし2005年11月末に、相方からコンビ解散を提案されます。この時、バカリズムは『このあと食事へ行く予定があり、喫茶店に入り話を詰めるとお腹がふくれてしまう』『この話をしてくるのはよく考えてのことだろうから受け入れよう』と解散を了承します。しかし芸歴がリセットされてしまうのがイヤなので『バカリズムはユニットで相方が脱退した形』としました」(放送作家)

 バッドナイス常田も、そうした考えがあったのだろうか。ピン転向後もコンビ名を名乗る芸人はほかにもいる。

「『進め!電波少年』(日本テレビ系)において南北アメリカ大陸縦断ヒッチハイクに挑戦したドロンズは03年にコンビを解散するも、ドロンズ石本として活動を続けています。ビビる大木も、もともとはコンビでしたが解散後に現在の芸名を名乗っています。カンニング竹山は、06年に相方の中島忠幸が病死しますが、その後もコンビ名を名乗り続けました。ただ『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)や『探偵! ナイトスクープ』(朝日放送)は本名の竹山隆範名義で出演しています。こちらはあくまでコンビではなくピンとしての竹山の仕事という位置づけなのでしょう」(同)

 バッドナイス常田はいくつかのコンビを経て、引退した相方と「つねうち」を結成し、15年9月に改名後にブレークを果たした。やはりバッドナイスの名に思い入れがあるのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/02 06:00

バッドナイス常田の相方が芸人引退、コンビ解散しないのはバカリズム方式?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』に返歌

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が、瓜田夫婦名義の4thシングル「WHO I...
写真