日刊サイゾー トップ > 芸能  > 三上博史、奇行続きで干された!?

三上博史「ファンに説教」「若手女優に皮肉」「新興宗教の恋人にゾッコン!?」、奇行続きで芸能界干された!?

三上博史公式ホームページより

 約14年ぶりに映画『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』の主演俳優としてスクリーンに帰ってくる三上博史。三上といえば、1980~90年代はトレンディ俳優として一世を風靡。92年のドラマ『あなただけ見えない』(フジテレビ系)では多重人格者役を演じ、その怪演ぶりが話題になった。しかし、現在は全盛期と比べ、活動はだいぶスローペースになっている。

 三上は1月18日にアップされた「AbemaTIMES」インタビューで、露出を控えている理由について告白。自身は一作品に対し、命を削るくらいの本気度で向き合っているが、作品を一過性の商品と捉える人もいて、考え方が合わないことも多いという。「単に当てたい、単にヒットさせたいという人たちにとっては、本気の奴ってウザいんだろうね。僕のそういった姿勢が業界に広く認知されているから、『こいつにヘタに声をかけたら本気になるから面倒だぞ』と思われて。それで5年に1本とかになっちゃう」などと苦笑いしながら語った。また、プライベートでは昨年まで山にこもっていたり、ノーギャラで沖縄のカルチャースクールの講師を務めたこともあると明かしている。

 そんな三上について、芸能関係者はこう語る。

「三上さんは、いわゆる“トラブルメーカー”。新人をつぶしてしまうところがあるため、最近は干され気味だと聞いています。演技派で、目指す目標も高いため、共演する後輩の役者、特に女優に対してはことのほか厳しい。近年でも、倉科カナさんや森川葵さんが三上さんの洗礼を浴びたといわれており、そんなことが続くと、大手所属事務所から『うちの俳優とは共演させない』というお達しが出てしまうのは仕方がないところ」

 三上といえば2016年放送の『遺産相続弁護士 柿崎真一』(日本テレビ系)で主演を務めた際には、ヒロインの森川葵に対し「もうちょっと色っぽい、いい年頃の女優さんが来てくれると思った」と皮肉を吐いたことが記憶に新しい。また15年には、主演舞台『タンゴ・冬の終わりに』で共演した倉科カナとは不仲説が出たことがあり、倉科が自身のブログでそのことを否定、釈明している。


12
こんな記事も読まれています

三上博史「ファンに説教」「若手女優に皮肉」「新興宗教の恋人にゾッコン!?」、奇行続きで芸能界干された!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真