日刊サイゾー トップ > 芸能  > 新井浩文、復帰はVシネしかない?

新井浩文容疑者“強制性交で逮捕”の衝撃……芸能界復帰はVシネマ業界しかない?

文=平田宏利

新井浩文容疑者強制性交で逮捕の衝撃……芸能界復帰はVシネマ業界しかない?の画像1
新井浩文容疑者のインスタグラム(@araihirofumi)より

 派遣マッサージ店の女性従業員に性的暴行を加えたとして、強制性交等の容疑で逮捕された俳優の新井浩文容疑者。所属先の事務所は本人と面会し、事実関係を確認した上で契約解除を発表。映画の公開延期などに伴う損害賠償額は5億円を超えるといわれる。この莫大な金額は、本人と元所属事務所の負担となりそうだ。

 この借金を返すために予想されるのが、新井容疑者のVシネマ業界復帰だろう。

「Vシネマは、VIDEO(ビデオ)とCHINEMA(シネマ)をかけあわせた用語ですね。レンタルビデオ店やソフト販売を前提とした映画作品を指します。一般的にアウトロー関連の作品が多く、新井容疑者ならばハマり役は多そうです。ただ、制作予算が限られているため、ギャラは一般的な映画に比べて安く設定されています」(業界関係者)

 過去には元タレントの田代まさしが、覚せい剤で一度目の逮捕を受け、執行猶予付きの有罪判決を受けたあとVシネマ監督として復帰している。一般的な芸能界に比べて、過去を厳密に問われることがない世界だといえる。

「ただ、新井容疑者の場合、知名度があるため、単なる脇役としての起用はできないでしょう。そうなると出演できる作品数も限られていますから、手当たり次第に出演して借金を返すといったことはできませんね。さらにVシネマでも、なんでもいいわけではなく、ヒット作を生み出さなければいけません。さらに悪役やオラオラ系の人物を演じる場合は、どうしても犯罪が思い出されてしまいますから、そのあたりのバランス調整は難しいところでしょう」(同)

 俳優としての評価は十分なだけに、Vシネマ業界関係者としては新井容疑者の力を借りたいところだろう。しかし、相応の批判も生じそうなだけに、スムーズな復帰とはいかなさそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/02/09 08:00

新井浩文容疑者“強制性交で逮捕”の衝撃……芸能界復帰はVシネマ業界しかない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ノーラン監督『テネット』レビュー

 潜在意識の世界が具象化された世界を『イ...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真