世界発のオリジナル手作りコーラ「伊良コーラ」を飲んできた【後編】

◆前編はこちら

――あの、今さらなんですが、「コーラ」という商品名は、特に制約なく使えるんですか?

「はい、使えます!『コカ・コーラ』はもちろん商標登録されてますけど、『コーラ』は一般的な名称なので、サイダーなんかと同じですね」

――「伊良コーラ」として販売をスタートしたのは、いつ頃のことですか?

「中古車を買ってキッチンカーに改装して移動販売をし始めたのが、2018年の7月です。もともとはサラリーマンをしながら週末にコーラの調合をして、同僚に飲んでもらっていたんですが、同僚が『「おいしい! 毎日飲みたい!』と強く言い始めて(笑)。それで販売をしてみようと思ったんです」

――お仕事をしながら、コーラ作りをしていたんですか!?

「なので、土日しか販売できないんです。最初の頃はスパイスのかけらが浮いてたりとか、今の『伊良コーラ』に比べると粗削りなものだったと思います。でも、飲んでくれたお客さんの反応は最初からすごくよくて『コーラって手作りできるの!?』って驚いてくれましたし、これはもっとたくさんの人に飲んでもらえるかもしれない、と思いました。実は昨年末で会社を辞めまして、これからはコーラ一本でいこうと!」

――すごい! クラウドファンディングで工房作りの資金を募り、見事達成されたと聞きました。

「はい。おかげさまで、この工房を整備して、『伊良コーラ』の原液シロップを瓶詰めにして通販する形で全国の方々に飲んでもらおうと、動き始めているところです。2月以降には販売を開始する予定です 」

――なるほど、瓶詰めのシロップを買えば、あとは家でそれを炭酸水で割って「伊良コーラ」を飲めると。

「これまでは移動販売を行えるエリアがどうしても限られていましたし、一日に200パックほど販売するのが限界で、それも売り切れてしまうことが多かったんです。ただ、瓶選びがなかなかうまくいかなかったり、まだまだ設備や人員的に大量生産ができる状況ではないですし、これからの課題がたくさんあります」

――「伊良コーラ」はラベルといい販売車のデザインといい、オシャレですよね。

「古くて新しい、というイメージを持ってもらえるように、デザインにもこだわりたいと思っています。地下室から、この祖父のノートが見つかったんですよ。昔のマッチラベルなどをコレクションしたものなんです」

「こういったデザインを参照しながら、デザイナーさんと二人三脚で作っています。たまたま出てきた祖父のノートが、大きなヒントになっています。移動販売車のカラーは『アイランドブルー 』にしています」


12
こんな記事も読まれています

世界発のオリジナル手作りコーラ「伊良コーラ」を飲んできた【後編】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真