串焼きの刑に、水攻め……中国当局による少数民族への拷問動画が流出

2019/02/15 14:00

軸がぐるぐると回転する拷問器具。地味につらそうだ

 新疆ウイグル自治区で日常的に行われているウイグル人など少数民族への弾圧をトルコが「人類の大きな恥だ」と非難し、事実上の強制収容所である再教育施設の閉鎖を求めたことに対し、中国側は虚言であると反論。両国関係が悪化する事態に発展しているが、トルコの主張を裏付けるような動画が流出したのだ。

 台湾メディア「自由時報」(2月10日付)によると、その動画は、同自治区を脱出してトルコにたどり着いた東トルキスタン人がFacebookに投稿したもの。囚人服のような青い服を着せられ、顔には黒い布袋をかぶされた男性が、拷問器具 に固定されている。監視員が「お前は規則違反を犯したから罰を受けるんだ。開始!」と言うと、固定された男性が串焼きのように回転を始める。たまらずにうめき声を上げるが、監視員が「お前はまだ違反するのか!? おい、もっと速く!」と器具を操作している男に呼びかけると、回転のスピードが上がった。

 この動画に対し、華人からは「まるで焼き 肉みたい」というのんきなコメントも見受けられたが、トルコ人などイスラム系民族からは「アラーは間もなく彼らを滅ぼすだろう」「中国を破滅させるための超自然的な力が欲しい」といった感情的なコメントが殺到。対中感情が急速に悪化している。

 中国当局による拷問は、これだけではない。「BBC中文」(同12日付)によると、過激思想を理由に数カ月にわたり再教育施設に収容されていたことがあるカザフ人のOrynbek Koksybek さんは、そのうちの7日間が特にきつかったと振り返る。手足を拘束された状態で穴の中に立たされ、水責めを受けたというのだ。しかも、季節は冬。当地では、氷点下10度を下回ることも珍しくない。死人が出てもおかしくない状況であり、これは再教育施設ではなく、強制収容所だ。Orynbek さんは「中国の目的はカザフの中国化で、民族そのものを消滅させようとしている」と危機感を募らせる。

 少数民族弾圧を阻止するためには、国際社会の団結が求められる。

最終更新:2019/03/07 17:19

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む