高畑充希『メゾン・ド・ポリス』「Lemon」的結末に視聴者涙も、不要な笑いがストーリーの邪魔に!?

2019/02/15 20:00

TBS系『メゾン・ド・ポリス』番組公式サイトより

 これまで視聴率2ケタを維持していた高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)ですが、8日放送の第5話は、前回から0.6ポイントダウンして9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、1ケタ台に転落してしまいました。視聴者からは「泣けた」という声もあったようですが、いったい何が原因だったのか……。

 今週もあらすじから振り返っていきたいと思います!

(前回までのレビューはこちらから)

■『メゾポリ』始まって以来の最も悲しい事件です

 ひより(高畑)と伊達さん(近藤正臣)が元警察犬の飼い犬・バロンの散歩中に出会ったおばあちゃん・金森春子(島かおり)。「人を殺しました」とうつろな顔の春子さんは、認知症を患っていました。連絡を受け迎えにやってきた金森金属工業の社長・丸山(大谷亮介)ら3人の従業員とともに、春子さんは無事家に帰っていくのですが、春子さんの「男の人を階段から……落としました」という発言と、何かを隠しているっぽい丸山らのようすが気になったひよりは、2週間前に起きた金森金属工業と取引のある会社の営業マン・三崎聡(亀田佳明)の死亡事故と何か関係があるのではと、メゾンのおじさんたちに捜査協力を依頼。「チームひよこ」が始動します。

 捜査の結果、丸山ら金森金属工業の従業員たちは元前科者で、更生活動に力を入れていた春子さんの夫でもある先代の社長に雇われてから家族同然に共同生活を送っていることや、春子さんの娘・翔子が、30年前に起きた連続幼女誘拐事件の犠牲者だったことが判明。

 ひよりたちは誘拐事件の犯人である三崎を春子さんが階段から突き落としたのではないかと捜査を進めますが、実際は、納期をめぐって言い合いになった拍子に丸山が三崎を突き落とし、それを隠すために丸山たちは三崎の遺体を歩道橋まで運び、事故死に偽装したというのです。

 今回の事件が“悲しかった”ワケは、はここから。実は、金森金属工業にはもう1人、安達高史(奥田洋平)という従業員がいました。この安達こそが、連続幼女誘拐事件の犯人だったのです。3年前、相変わらず小さい女の子に悪さをはたらく安達を偶然街で見つけた春子さんは、安達を階段から突き落とします。一命を取り留めたものの記憶喪失となった安達を、春子さんは従業員として雇い、記憶が戻ることを待ちながら、復讐するタイミングをずっとうかがっていました。

 しかし、安達の記憶喪失は全くの嘘。同級生だった三崎に金をゆすられていた安達は、三崎を殺害。三崎を階段から突き落とし、事故死に見せかけたのも安達です。

 その一部始終を見ていた春子さんは、娘の復讐のため、娘がされたように、安達を生き埋めにして殺害。春子さんの自白通り、山の中からは安達の遺体が見つかります。丸山たちは春子のしたことに気づき、春子さんをかばうために嘘の証言をしていた——というのが、今回の事件のあらましです。

最終更新:2019/02/15 20:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む