日刊サイゾー トップ > 芸能  > 魔裟斗、イクメンアピール開始!

魔裟斗、「世の妻たちに感謝」とイクメンアピール開始! モラハラ夫イメージで仕事減が原因か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

魔裟斗公式Instagramより

 元K-1世界王者でタレントの魔裟斗が2月16日、自身のInstagramを更新。しかし、その内容が現在物議を醸している。

「今日は朝から家事」というメッセージを投稿し、外に干し終えた洗濯物を背景に、自撮りした写真を公開した魔裟斗。この日、妻の矢沢心は長男の1カ月検診のため外出していたため、魔裟斗がかわりに家事をしていたそう。「家事って結構疲れるね!」と家事に慣れていない様子を綴り、最後には「世の中の妻たちに感謝しましょう。サンキュー」と呼びかけていた。

 この投稿に、ファンからは「男前でイクメンがやること、良いパパさんです!」「家事をして下さる旦那様の方が感謝ですよ!」と絶賛コメントが殺到。しかし、一方でネットでは「当たり前のことしてるだけ」「当たり前の事をドヤ顔で晒されても……」「気づいた時に黙ってしてくれるなら良い夫だけど」「家事はインスタ映えの道具じゃないよ」など、厳しい声があがっている。

 魔裟斗と矢沢心は育児雑誌が選ぶ「ベストカップル部門」を受賞したこともある夫婦。しかし以前、妻の矢沢がテレビ番組に出演した際、魔裟斗の亭主関白ぶりを「怖い」と告白。朝食には決まったパンしか食べず、毎朝矢沢が20分もかけて自由が丘の店に自転車で買いに行くことや、朝イチから会話が聞き取れないほどの大音量でヒップホップを流し、聞き返してくる矢沢を「耳鼻科にいってくれば」と一喝するなど、亭主関白の実態が明らかに。また、魔裟斗のその姿に、出演者もドン引き。魔裟斗は「男と女の役割分担がある」と話していたが、この番組をきっかけに視聴者からは「思いやりがない」などと批判され、いつの間にか“モラハラ夫”とのイメージがついてしまった。


12

魔裟斗、「世の妻たちに感謝」とイクメンアピール開始! モラハラ夫イメージで仕事減が原因かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

ロック様の出馬で考えるアメリカ大統領を描いた映画3本

 『ワイルド・スピード』シリーズなどに出演す...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真