日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香、食べ合わせもセンスなし!

工藤静香、洋風皿に和食で“独自センス”大爆発! 「食べ合わせもセンスない」批判で良妻賢母アピール失敗!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

工藤静香公式Instagramより

 先日、自身のInstagramに公開した自家製恵方巻きが話題となった歌手の工藤静香。そんな彼女が2月17日、またしても手料理を公開したのだが、これが物議を醸している。

 この日、「お汁は味噌汁にしようと思いましたが、豆乳スープにしました。身体がポカポカエンドレス かぼちゃの煮物、女子はすきですよね(^^)」(原文ママ)というメッセージとともに、テーブルに並ぶ手料理写真を公開した工藤。ごぼうご飯に豆乳スープ、おかずは焼き鮭、カボチャとレンコンの煮物という和食御膳。しかし、この中の“ある料理”に、ネット上ではブーイングが巻き起こった。

「問題となっているのは『カボチャとレンコンの煮物』です。別に聞くと普通なんですが、派手な柄物の大皿の脇にカボチャとレンコンがひとつずつという、盛り付けがされていたんです。これにネットでは『センスなし!』『なんで和食にこの皿』『白い皿とか小鉢とかあるでしょ。普通!』とブーイングの嵐。ちなみに、このお皿は北欧の有名ブランド『アラビア』という主婦に人気のものと思われますが、彼女の盛り付けによってこのお皿の美しさまで壊していることにも批判が上がっています。また、ストーリーズに煮物を作っている最中の写真も公開していましたが、鍋が汚く、さらに『煮物なのに油が浮いている』と、ネット民はドン引き。“汚料理”に拍車をかけていましたよ(笑)」(女性誌ライター)

 そんな何かと話題となる、工藤静香の”汚料理”。毎回、「汚い」「ヤバイ」といわれるほど、盛り付けでのセンスのなさを世間に見せつけている。だが、今回に関しては違う部分にも「センスがない」という声が上がっているようだ

12

工藤静香、洋風皿に和食で“独自センス”大爆発! 「食べ合わせもセンスない」批判で良妻賢母アピール失敗!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

団地発ラップのGREEN KIDS

――2018年12月、いわゆる改正入管法が成立したわけだが、今、日本で働く外国人の環...
写真