またkaku-butsuがなんか始めた!! 今度は予約システムに革命!?


「石川や 浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ」

 言うまでもなく、大泥棒・石川五右衛門の辞世の句とされる一文だが、彼の死から400年以上もの時が流れた現代でも、この句の意を否定する者など存在しないだろう。

 そして、現在の日本において、その「盗人の種」の宝庫と言えるのが風俗業界だ。「性欲」という、極めてコントロールし難い要素に脳内を支配された男たちが、数万円単位のお金を握りしめてやってくる。悪人にとって、こんなオイシイ状況はなかなかあるものではないだろう。健康な男性ならば、一度は悪質風俗店に騙されて痛い目を見た経験があるはずだ。

 そして、そんな状況を打破すべく活動しているのが、厳しい選考を突破した覆面調査団員たちが、己の正体を明かさずに風俗店を利用し、女性の容姿やサービスをレポート形式で評価するというその活動から、「風俗業界のミシュラン」との異名を取る風俗情報サイト「kaku-butsu(カクブツ)」である。これまでも風俗業界に数々の変革をもたらしてきた同サイトだが、今回の試みは、予約システム「kakaka」を開発することによって、風俗におけるネット予約の現状を変えようというものだそう。

 と言われても、筆者も含めて何が何だかわからないという方が殆どだと思うので、今回は、kaku-butsuの運営母体であるソフト・オン・デマンド株式会社(以下・SOD)の代表取締役社長である野本義明氏(通称・野本ダイトリ)と、kaku-butsuにて風俗コンシェルジュを務める渡辺氏にお願いし、kakakaによって風俗業界がどうなってゆくのか、その展望を対談形式で語っていただいた。

筆者 新たにリリースされたネット予約システム「kakaka」とは、従来のネット予約システムに比べて、どこが違っているのでしょうか。

コンシェルジュ渡辺 まず第一の前提として、世の風俗ユーザーがネット予約システムに対して抱いている印象って、「出勤情報って全部嘘なんでしょ?」っていうところが殆どなんですよね。

野本ダイトリ これはね、本当にそう思う。風俗サイトで時間と手間をかけてタイプの女の子を見つけてさ、HPのスケジュール画面で確認したら「すぐ行けます」ってなっててさ、喜び勇んで電話したら「空いてません」っていう。そんなことの繰り返しで疲れちゃって、今日はもういいや、また今度にしようって。

コンシェルジュ渡辺 風俗あるあるですよね。ダイトリのように「もういいや」となるのならばマシな方で、多くの男性は一度火のついた性欲を抑えることができません。大抵はそのまま電話口のスタッフのペースに乗せられてタイプではない女の子を指名してしまって、「風俗ってこんなもんか、しばらく行かないでいいかな」となります。そういった人は、今この瞬間も沢山生まれていると思います。

 その積み重ねの結果として市場自体が縮小して、真面目にやっている店舗もとばっちりを受けるんですね。

野本ダイトリ でもさ、俺みたいにさ、めちゃくちゃ風俗に精通しているわけではない人間だと、どの情報を信じればいいのかっていうのが本当にわからないんだよね。自分のやり方が悪かったのかな~みたいに、騙されたっていう確証もないままモヤモヤとした感情だけが残ってさ。

 昔のAVでいうところのジャケット写真詐欺みたいに、騙される楽しさだったり騙されないための駆け引きだったりの楽しさがあるのは事実なんだけど、それって玄人だとか上級者の楽しみ方なんだよね。

コンシェルジュ渡辺 酸いも甘いも経験して成長するっていうのは粋な遊び方であるとは思うんですけど、わからないことがあったときにネットで調べて一瞬で正解を導き出せる環境で育った世代にとっては恐怖でしかないですよね。

野本ダイトリ 無理だよね、ただでさえ明確な正解の存在しないジャンルなのに、嘘ばっかり並べて騙す業者が沢山存在してるなんてさ。1回の風俗代の価値だって景気が良かった時代とは違うだろうしね。何か月も色んなものを我慢して貯めたお小遣いで「騙される楽しみが…」っていうのは無理だよ。

コンシェルジュ渡辺 ネタとしてあえて騙される楽しみというものを否定をするつもりはないんですけど、これから風俗ユーザーとなっていく世代のためにも、まずは風俗遊びでの成功体験をしっかり味わってほしいと思います。話が少し横道にそれてしまいましたが、それがkakakaの話に繋がってくるのです…。

野本ダイトリ そうそう、さっきから話しているのと同じような想いが自分の中にもあったからこそ、kaku-butsu側からkakakaの構想を持ち掛けられたときには、すぐにGOを出したんだよね。居酒屋でも美容室でもなんでもネットで予約する時代にさ、わざわざ電話して予約するとか嘘の情報ばっかりだなんて不便の極みだよ。この女の子は●曜日の●時から空いてますとか、埋まっちゃいましたとか、そこはハッキリとした上で、ほぼネット上で完結するようにしようよっていう。

筆者 kakakaを使用すれば、偽りのない出勤情報を基にしてネット上で予約が完結するということでしょうか?

コンシェルジュ渡辺 デリヘルなどの派遣型の風俗では、予約した時間の少し前に確認の電話を入れる慣習があったり、ホテルの部屋番号を伝える必要があったりするので、全ての工程を100%ネット上で完結させるというのは難しいのですが、予約に関してはネット上で完結します。

 また、出勤情報の虚偽に関してもチェックとペナルティを厳しく設けていますので、不正を繰り返すようであればシステム自体が使えなくなります。

野本ダイトリ 出勤情報もそうだし、値段に関しても予約画面で可視化されてるんで安心だよね。複雑な料金体系にして、HPの表記よりも微妙に多く取る店ってあるじゃん。大体は1000円や2000円ぐらいの差だから、おかしいなって思っても深くは考えないんだけど。そこでキャンセルしたら時間とかホテル代とか無駄になるしね。

コンシェルジュ渡辺 HPにハッキリと記載されている割引キャンペーンが、なんだかよくわからない理由で適用されなかったりもします。私なんて、業界最大手の超有名風俗サイトの割引を利用しようとしたら、「知らないサイトですね」って言われたことがありますからね。AV関係者に「紗倉まな?誰それ?」って言われたことありますか?そのレベルですよ。

 その点kakakaでは、画面に「25,000円」と書いてあれば、店舗に支払うお金は25,000円のみでOKです。

野本ダイトリ あと、kakakaではクレジットカードも使えるからね。クレジットカードを使える風俗店なんていっぱいあるんだけど、みんなアダルト系の業者に個人情報を渡すのって怖いから実際に使う人ってあんまりいないんだよ。もちろんウチの会社もその中のひとつなんだけど、幸いなことに「SODなら安心」って言ってくれる人も多いので、じゃあウチが間に入って決済できるようにしましょうということだね。

コンシェルジュ渡辺 出勤情報や料金が明確になったところで、残る課題としては、自分の好みにマッチした女の子を探すという基本的なところになるわけですが、そこはkaku-butsuの最大の特長でもある覆面調査レポートから予約することもできますので、気になる女の子のレポートを見つけた場合には、ぜひ出勤情報をご確認ください。

 そうやって安心して遊べるお店や女の子に多くのお客さんが入るようにすれば、結果としてお客さんも満足するし、その情報を掲載するkaku-butsuの信頼も上がっていくので、みんなが幸せになると思います。

 このシステムが広がっていけば、kaku-butsuの理念のひとつでもある「風俗業界の健全化」が大きく促進されるのではないでしょうか。

野本ダイトリ まだまだ始まったばかりのサービスなので、これから課題も出てくるだろうし、まだまだ使えるお店も多くはないんだけど、今までのネット予約システムに不満や不信感を抱いてるっていう方は、少しでも気になったらkaku-butsuのサイトに詳しい説明が乗ってるので、そっちも見てほしいですね。会員登録も簡単なので。

最終更新:2019/02/22 14:30
こんな記事も読まれています
関連キーワード

またkaku-butsuがなんか始めた!! 今度は予約システムに革命!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真