本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

千昌夫、小林幸子、ぴんからトリオ……レジェンドたちを育てた“重鎮”肺がんで逝く

文=本多圭

千昌夫、小林幸子、ぴんからトリオ……レジェンドたちを育てた重鎮肺がんで逝くの画像1
畑中葉子公式Twitter(@hatanaka_yoko)より

 千昌夫や小林幸子、ぴんからトリオを育てた老舗芸能事務所の元「第一プロダクション」(2017年に解散)社長の岸部清さん(享年88歳)が、2月11日、肺がんによる心不全で亡くなった。

 筆者は数年前、横浜市の大学病院に取材に行った帰り際、松葉杖をつく、岸部さんに似た患者さんを見かけ、思わず「岸部社長ですか?」と声をかけた。すると、驚いた様子で「俺がここに入院していることは内緒。絶対誰にも言わないでくれ」と口止めされた。業界関係者が入院を知れば、見舞いに来なければならず、迷惑をかけると思ったようだ。気遣いの人だった。

 岸部さんは、大学在学中からウエスタンバンド「東京ウエスタンボーイズ」のメンバーとして活躍。その後、同バンドが「マウンテンボーイズ」と合併して「サンズ・オブ・ドリフターズ」(ザ・ドリフターズの前身)を結成し、その初代リーダーを務めた。その後、ミュージシャンから裏方に回り、1960年に「第一プロダクション」を設立した。

 第一プロでは、千昌夫や扇ひろ子、新沼謙治、小林幸子、ぴんからトリオらを輩出し、演歌全盛時代を築いた。とりわけ、ぴんからトリオの「女のみち」は、400万枚を突破する空前の大ヒットを記録した。

 さらに、人気演歌歌手を抱えていたこともあって、興行にも強かった。当時の興行は、暴力団との関係も密接だった。芸能プロの所在地といえば、赤坂、六本木というイメージが強かったが、岸部さんは国会議事堂がある永田町に事務所を構え、にもかかわらず、強面のマネジャーが多く、取材のため事務所に出かけた筆者もビビったことがあった。

 その後、85年には、すでに韓国でデビューしていた桂銀淑を招き、日本デビューさせた。そのデビュー曲「大阪暮色」は大ヒットし、その年の全日本有線放送大賞の新人賞を受賞。その後も桂は「すずめの涙」や「酔いどれて」「真夜中のシャワー」など、次々にヒットを飛ばし、88年からは7年連続で『NHK紅白歌合戦』にも出場。“演歌の女王”と呼ばれるようになった。

 ただ、事務所関係者は、早くから桂に手を焼いていたようだった。というのも、桂の母親は、韓国・ソウルでクラブを経営していたのだが、その店が日本の暴力団の御用達とされ、桂自身もデビュー当時から暴力団関係者との“黒い交際”のウワサが絶えなかったのだ。

 その桂が、新宿歌舞伎町のホストクラブにハマり、タクシーの中でホストと痴話喧嘩の末、持っていた現金200万円にライターで火をつけるトラブルを起こしたという証言を入手した。当時、隔週週刊誌「微笑」(祥伝社/休刊)の専属記者だった筆者は、さっそく取材を始めた。

 ホストの自宅を突き止め、桂が出入りしていないか、張り込みを続けた。暮れも押し迫った頃、桂がこのホストと半同棲しているのを確認した。しかも、このホストはドラッグ中毒で、桂にも薬物使用疑惑が浮上した。

 事実関係を質すため、筆者は岸部さんを取材した。『紅白』出場直前ということもあって、岸部さんは、当初、半同棲について「そんなことはない」と疑惑を否定したが、ホストに“ドラッグ疑惑”があることを伝えると「桂に確認して、事実であれば別れさせる、今後、暴力団との交際も断ち切らせる」と約束してくれた。

 結局、このスキャンダルは、当時の「微笑」の副編集長が桂の大ファンだったことから、お蔵入りになった。しかし、これが縁で筆者は岸部さんと親しくなった。

 ちなみに桂は、その後の96年に「第一プロ」から独立したものの、借金トラブルに見舞われた挙げ句、2007年には薬物所持の現行犯で逮捕され、国外退去処分を受けた。韓国に戻った後も、度重なる薬物トラブルや詐欺容疑で逮捕されている。

 岸部さんとは、横浜の病院で偶然再会したのが最後となってしまった。まさか、肺がんと闘っていたとは──。また一人、日本の戦後の芸能界を語れる重鎮が亡くなった。岸部さんに改めて合掌。
(文=本多圭)

最終更新:2019/02/22 19:30

千昌夫、小林幸子、ぴんからトリオ……レジェンドたちを育てた“重鎮”肺がんで逝くのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真