高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』小日向文世が魅せる、まるで『コナン』な“茶番劇”

2019/02/22 20:00

TBS系『メゾン・ド・ポリス』番組公式サイトより

 早くも折り返しに突入した高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)。15日放送の第6話の視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、前回より0.3ポイントアップしました。

 放送日前日がバレンタインデーということもあって、ひよりがメゾンのおじさんたちに義理チョコをあげるという微笑ましいシーンもあった今話。前回とはうってかわって楽しい雰囲気となった物語のあらすじから振り返っていきたいと思います!

(前回までのレビューはこちらから)

■“伝説の敏腕刑事・高平”爆誕

 突然メゾンを訪ねてきた高平さん(小日向文世)の娘・小梅(水谷果穂)。なんでも、彼氏が祖母を襲った犯人として疑われているため、無実を証明してほしいとか。事件の概要は、小梅ちゃんの彼氏である駿(水石亜飛夢)の1人暮らしの祖母・春江さん(吉田幸矢)が何者かに花瓶で頭部を殴られたというもの。駿は、そのときに盗まれたとみられる現金が入ったタンスから指紋が検出されたため、疑いをかけられていました。犯行時刻には小梅ちゃんとデートしていたので彼にはアリバイがあるのですが、警察からは彼女からの証言では信憑性に欠けると言われてしまったそうです。

 自分は元捜査一課のエースで、メゾンの住人である部下たちとチームを組んで難事件を解決していると小梅ちゃんに嘘をついていた高平さんは、元々所轄の警務畑にいたため現場経験はありません。そこで、メゾンのおじさんたちとひより(高畑)に頭を下げて捜査を依頼。伊達さん(近藤正臣)の提案で駿のほか、容疑者候補になっている春江の家族をメゾンに集め、「容疑者だらけの晩餐会」を開きます。

 晩餐会当日、いつものエプロンを脱いで、スーツの上にトレンチコートを羽織ってハットを被り、伝説の刑事“スッポンのタカアツ”になりきる高平さんは、耳につけたイヤモニから聞こえてくる別室で待機中の夏目さん(西島秀俊)と伊達さんの声を頼りに、みんなの前で推理を進めます。

 しかし、駿が犯人ではないところまでわかったところで、『サザエさん』で言うところの三河屋のサブちゃん的存在である草介(竜星涼)がメゾンに乱入。その拍子にイヤモニが壊れてしまうハプニングがありつつも、「この先は 新人に任せてくれるということですよね」と、ひよりが高平さんに替わって犯人探しを引き継ぎ、最初は乗り気じゃなかった迫田さん(角野卓造)と藤堂さん(野口五郎)の協力もあって、真犯人は、次男・寿三郎の嫁である藤子(長内映里香)だったことが判明。

 でも、一命を取りとめた春江さんは「空き巣に襲われた」と藤子さんをかばい、刑罰を望まなかったため、捜査は終了。高平刑事の活躍というより、チームメゾンドポリスのチームワークによって、事件は解決(?)したのでした。

 その後、駿が春江さんに度々お小遣いをせびっていたこと、タンスに指紋がついていたのは、金を盗もうとしたからだと知った小梅ちゃんは、駿と別れることを決意。本当は小梅ちゃんが高平さんの嘘に気づいていたことなんて思いもしない高平さんは、そんな小梅ちゃんから本命チョコをもらって大喜びする——という、なんとも平和なお話でした。

最終更新:2019/02/22 20:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む