じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

「ナマでヤるのはアリかナシか」で大激論! 型破り中学教師マンガ『鈴木先生』

鈴木先生

 皆さんは教師マンガというと何を思い浮かべますか? 僕のようなおっさんは『まいっちんぐマチコ先生』『いけない!ルナ先生』みたいなお色気女教師をついつい思い浮かべてしまいます。もちろん、世代によって『GTO』だったり、『さよなら絶望先生』『地獄先生ぬ~べ~』『ビッグマグナム黒岩先生』など、さまざまだと思います。

 今回ご紹介する『鈴木先生』は、長谷川博己主演で実写ドラマ化や映画化もされた有名作品。文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞という華々しい肩書まで持っていますが、決して万人向けではなく、人によってはメンタルに深刻なダメージを与えかねない異色の教師マンガといえます。

 本作はいわゆる、不良生徒たちを熱血指導で真人間に変えていく典型的な教師マンガとは一線を画しており、出てくる生徒はどちらかというと頭が良く、生活態度も特に問題なく、暴力にも縁がない、「手のかからない生徒」ばかり。しかし、現代ではそういう一見まじめな良い子が内に秘めているストレスが爆発し、大問題に発展してしまうことがあるのです。というか、このマンガではそういう事件が多発します。

 それに対する鈴木先生の解決手法は、とにかく議論すること。理屈っぽい中坊たちが次から次へと鈴木先生を悩ませるのですが、それを真っ向から受け止め、さらにハイレベルな理屈をカマしてねじ伏せる……そんな文系熱血教師なのです。テーマは地味ですが、『MMR マガジンミステリー調査班』にも匹敵する登場キャラクターたちのテンションが高さで、あたかも壮大なマンガを読んでいるような錯覚に陥ります。

■恐ろしいほどどうでもいいことが大問題に!

 教室で次から次へと起こる大問題。え、そんなちっちゃいことで大騒ぎしてるの!? というテーマがめじろ押しで、“さすが中学生はめんどくせーな”と思わずにはいられません。

 最初のエピソードは、クラスの真面目な男子が給食の時間に突然「蛆(うじ)」「げりみそ」などと汚い言葉をつぶやくようになり、隣に座っている女子が激ギレするというもの。

 普通だったら、先生が男子生徒に「やめろ」ってガツンと言ってそれで終わりになりそうな話ですが、鈴木先生は違います。生徒と議論し、なぜこんなことになったのか原因を徹底的に考え、問題の根本的なところから解決しようとするのです。数日間の試行錯誤の結果、隣の女子が、お行儀悪く左手をだらーんと垂らして右手だけで食べてるのが気に入らないから嫌がらせをしたという理由が判明したのです。最初っからそうならそう言えよって感じなのですが。イマドキの中学生の深層心理は一体どうなってるのか、皆目見当がつきません。

 その次のエピソードも、本当にどうでもいい内容でありながら、壮大なスケールで展開します。給食の不人気メニューである酢豚を献立から廃止するという発表があり、酢豚大好き女子たちが抗議の声を上げたのです。

 ……正直、マジどうでもよくないですか? しかし、当人たちにとっては深刻な問題。生徒の期待を一身に背負った鈴木先生は、やむなく給食のおばちゃんと交渉したり、職員会議の議題にしたり、全校生徒にアンケートを取るなどして、なんとか酢豚が廃止されないよう懸命に働きかけるのですが、まさかの結末に……って、酢豚でこんなに神経すり減らさなきゃいけないなんて、中学教師って、本当に大変な仕事ですね。


123
こんな記事も読まれています

「ナマでヤるのはアリかナシか」で大激論! 型破り中学教師マンガ『鈴木先生』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

2018年の日本映画を英国人Pが語る

 是枝裕和監督、安藤サクラ主演作『万引き家族』はカンヌ映画祭パルムドールを受賞、国内...
写真