絶賛“中だるみ”中の『メゾン・ド・ポリス』、低視聴率記録更新は「引っ張りすぎ」が原因?

2019/03/01 20:00

TBS系『メゾン・ド・ポリス』番組公式サイトより

 2月22日放送の『メゾン・ド・ポリス』(TBS系)第7話の視聴率は、8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回から1.6ポイントの大幅ダウン。またまた、低視聴率の記録を更新してしまいました。

 一体何が原因だったのか、あらすじを振り返りながら探っていきたいと思います。

(前回までのレビューはこちらから)

■新たなおじさんキャラが登場

 資産家の大富豪・本郷(井上順)が、内縁の妻・汐里(西丸優子)と訪問看護師・美香(太田美恵)とともに箱根へ旅行中空き巣に入られ、金庫破りに遭うという窃盗事件が発生。

 旅先で体調を崩し入院している本郷から連絡をもらった幼馴染みの伊達さん(近藤正臣)は、夏目さん(西島秀俊)、藤堂さん(野口五郎)、迫田さん(角野卓造)の3人を現場に派遣し、ひより(高畑充希)とともに捜査をさせることに。

 その結果、金庫に開けられた穴に鱗粉が付着していたことから、昭和に名を馳せた伝説の金庫破り「アゲハ」の手口と同じであることが判明します。そのアゲハは、盗品をさばいていた相方である「グレース」という女性が逮捕されて以来、姿を消したとか。

 一方、かつて数々の美女と浮名を流し、“世田谷のジゴロ”とも呼ばれていた本郷には、過去に美香とも肉体関係があり、空き巣の通報者でもある家政婦・カレン(大西礼芳)とも関係を持っている疑惑があることもわかります。

 しかし、ひよりたちが金庫破りの犯人だと怪しむカレンが何者かに襲われ負傷。本郷からカレンを警護するようお願いをされたひよりたちは、カレンが管理していた本郷の薬には「ヒ素」が入っていたため、自分を殺そうとした彼女を監視させることが本郷の真の目的だと勘ぐるのですが、調べを進めるうちに、汐里と美香の名が捜査線に浮上。

 2人は警察に出頭し、本郷の遺産目当てに共謀して本郷にヒ素入りの薬を飲ませようとしたこと、遺言状を確認すべく旅先の別荘を抜けだして本郷邸の金庫を破壊しカモフラージュのために現金を盗んだこと、そしてカレンを襲ったことを自供し、事件は解決へ向かいます。

 しかし、それには隠された真実がありました。実は、アゲハの正体は本郷。伝説の金庫破りとしての腕が鈍らないよう、日常的に自分の金庫を自分で開けていたのです。汐里と美香がこじ開けた金庫にドリルの穴が開いていたのはそのため。

 そして、警察に捕まりそのまま獄中死を遂げたグレースはカレンの母親であり、本郷とカレンは親子でした。金庫にあった遺言状を見られてそのことを汐里と美香に知られてしまった本郷は、自首して刑を終えたら2人に金を渡す代わりに、カレンには真実を隠すよう約束させたのです。

 伝説の金庫破りを逮捕できる絶好のチャンスですが、ひよりは「窃盗罪の公訴時効は7年です。警察にはもう何もできません」と目をつむり、何も知らないカレンは、本郷と抱き合うのでした。めでたしめでたし(?)。

最終更新:2019/03/01 20:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む