日刊サイゾー トップ > 芸能  > misonoの不幸アピールは期限切れ?

「ノーギャラも」misonoが独立後に言及も、「不幸自慢?」 夫との2ショット連続投稿にも厳しい声が……

「ネット上では、YouTubeやTikTokを頻繁に更新していることについて、忙しいのにそういう暇はあるのかという声もそれなりに見られています。そうした活動もまた、宣伝などで仕事の一部という感覚はなかなか一般的には理解しにくいものなのかもしれません。あとは、アプリなどでメイクをしたようなものや、デコレーションをするような画像加工を行ったNosukeさんとの写真をブログで頻繁に公開していることも、病人をネタにして遊んでいるんじゃないかという受け止められ方をしてしまうこともあるでしょうね。これはあくまで僕の勝手な想像ですが、Nosukeさんの病状などを心配する人たちへの心遣いのつもりでこうした行動をとっているのが、空回りしてしまっているのではないかと。本人が発信している事が邪推され、ちょっと損をしてしまっているような状況ですし、今後が少し心配ですね」(同)

 過酷な状況に加えて、ネット上での活動が空回りし、邪推による心ない言葉を浴びせられてしまっているmisono。彼女や周囲の状況が、今後好転することを切に願わずにはいられない。

最終更新:2019/03/04 22:00
12
こんな記事も読まれています

「ノーギャラも」misonoが独立後に言及も、「不幸自慢?」 夫との2ショット連続投稿にも厳しい声が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...
写真