日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 加藤浩次、スポンサーを敵に?

加藤浩次「固定電話は犯罪に利用」と言及し、スポンサーを敵に? 危うい発言に賛否両論! 

固定電話をやめればいいのか?

「しかしながら、加藤氏の発言だと犯罪の被害に遭っている側の責任のみを問うようで少し引っかかりますね。犯罪を犯しているのは犯人です。それも、おそらく彼らは携帯電話を使用している側です。この問題の根源はアシのつかない携帯電話を持っている者や、1日に数十件、数百件も携帯電話から電話をかける者が野放しになっていることでは。むしろ携帯電話の利用法や、サービスを提供する側の管理体制の問題でもあります。決してただ固定電話をやめればいいという問題ではありませんよね」(同ライター)

 犯罪行為は日々アップデートされ多様かつ悪質になっている。被害に遭わないよう注意も必要だが、社会全体が犯罪を根元から断つ工夫をする必要があるということだろう。

最終更新:2019/03/08 23:30
12
こんな記事も読まれています

加藤浩次「固定電話は犯罪に利用」と言及し、スポンサーを敵に? 危うい発言に賛否両論! のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

イグジスタンスの画家・はくのがわ

 現在、アウトサイダーアート界隈で話題の一人の女性アーティストがいる。今、大注目の若...…
写真