日刊サイゾー トップ > 芸能  > 重本ことり、セクシー路線へ?

元Dream5重本ことり、引退宣言にAAAファン激怒! 仕事も投げ出し、残るはセクシー路線だけ?

重本ことり公式Instagramより

 3月4日、大人気アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディング「ようかい体操第一」のヒットで知られるDream5の重本ことりが自身のInstagramで芸能界引退を発表することを宣言。その引退理由が波紋を呼んでいる。

 重本は「2018年にグラビアデビューした時は、仲良くしていて、欲しいという情報をあげていた写真週刊誌フライデー編集長やグラビア担当の人たちの裏切りがあったり、制作スタッフの方々が、見ている人に楽しんでもらおうとした編集が世に出てしまったことで、AAAファンの方々に死ねとか消えろとか言われたことも、もうなんとも思っていませんが、やっぱり私を応援してくれるファンを傷つけることはしたくないのと、芸能人同士だから名前を伏せるのはマナーだと思っていましたが、コソコソだれかと付き合ったりするのも嫌だしもう嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」(原文ママ)と多方面にケンカを売るような内容を綴っており、AAAファンから大顰蹙を買う展開になっている。

 重本といえば昨年7月4日に放送された『ブラ迷相談部 その悩み!小杉と吉田まで』(東海テレビ)で、恋人ができない理由について、好きな人がいても関係を切られるのが怖くて交際を申し込めないことや「下半身だけの関係ばっかりできちゃって」といった赤裸々な事情も暴露。その時に関係を持った相手が芸能人でグループ活動している歌手だということを明かし、さらにグループ名をハミングで「フフフフフーン」と回答。その発音から、AAAのメンバーと関係したのかと推測されていた。

 そういった経緯からか、ネットでは「関係持ってたって暴露したから辞めるはめになったん?」「圧力かけられたんじゃない?」と圧力を勘ぐる声や、「コソコソ付き合いたくないから辞めるってまだAAAと関係続いてるってことかい? バレたらヤバイ相手と付き合ってるって事でOK? 最後まで匂わせるなぁ」とプライベートの恋愛を優先したのではといった声も上がっていた。

 たしかに、重本は引退宣言にて「ワンマンライブ中止や、今月からスタートする予定だった大きなプロジェクトも、いろんな人に準備してもらったのに」とも綴っており、この引退が急に決まったことを明かしている。

「良くも悪くも正直なタイプの子なので、これ以上あぶなっかしい発言をされる前にいったん引退させよう……という大人の力が働いたとしてもおかしくないですよね。昨年6月にはグラビアDVD『ことりばーす』でかなり際どい写真集も出していましたし、業界ではセクシー方面で再デビューするかも、なんて話もありますよ」(テレビ局関係者)

 2006年に10歳で芸能界入り。その後12年の間、青春を芸能活動に捧げていた重本。まずはゆっくり休んでもらいたいところだ。

最終更新:2019/03/09 09:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

元Dream5重本ことり、引退宣言にAAAファン激怒! 仕事も投げ出し、残るはセクシー路線だけ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真