日刊サイゾー トップ > 芸能  > 加藤茶、長生きの秘訣は嫁!?

加藤茶、一時飛び交った死亡説を一喝、生存アピール! 長生きするほど嫁・綾菜の好感度が昇り調子に!!

加藤茶公式ブログより

 2011年に45歳差の女性と結婚し、話題をさらった加藤茶。そんな加藤の記者会見が注目を集めている。

 加藤は3月10日、東京・日本橋の明治座で『水森かおり特別公演』の取材会に、同じドリフターズの仲本工事とともに出席。2014年にパーキンソン病などを患ったことが公表されていたが、現在の体調については「大丈夫です」と回答。この健康問題について「一時は危ない、加藤はもうダメだなと、みんな言ってたみたいよ。加藤死んだんじゃないかなって」と、死亡説が流布していたことを冗談めかして語った。

 さらに、明治座で別の公演のリバーサルをしていたモト冬樹と会った際、「おっ、加藤さん。大丈夫ですか?」と心配されたことを明かし、「俺が立っているもんだから大丈夫なのかなって感じで。マジで……」と周囲の笑いを誘うなど、健在であることをアピールした。

 この加藤の壮健ぶりに対して、ネット上では「元気そうでよかったです」「死亡説が出ていたなんて知らなかった」「若返ったよね」と、安心する声が多数。さらに、「なんだかんだあの嫁と連れ添ってるね!」「なんだかんだあの嫁は良嫁だよね」「あの嫁さんと結婚してなかったらとっくに死んでたと思う、ってブログに書いてたよ。きっと本当に仲良いんじゃない?」など、加藤の“復活”の裏には、一時期財産目当てなのではないかと批判を集めた妻が、実は献身的な良妻であったことが影響しているのではないかと見る向きも多い。

「実際、奥さんの誕生日パーティの際、奥さんの知り合いと思われる若者に囲まれた茶さんの写真などが出回ったことで、『たかられてるんじゃないか?』といううわさがかなり立ちましたよね。でも、ここのところテレビ出演も多くなりましたし、体調が戻っているのは、夫婦生活などで心労を抱えてないからこそなのではないでしょうか。まあ、一時期奥さんの露出が多く、ちょっとキャラが立っていたというのも、噂に真実味を与える一因になっていた部分もあるでしょうが……(笑)」(芸能ライター)

 加藤夫妻以外にも、芸能界にはこうした年の差カップルが多く存在する。

「例えば、ドラマなどの名脇役として知られる寺田農さんも、加藤さんと同じ11年に35歳年下の女性と結婚しました。その後、10年にわたって事実婚の関係にあった女性が婚約不履行を理由に寺田を提訴しましたが、現在は和解しています。また、同じドリフターズの荒井注さんも、1991年に38歳年下の女性と結婚。奥さんが献身的であったことが伝えられていますし、もしかすると、茶さんも注さんの年の差婚を見て、”アリ”だと思ったのかもしれませんね。あくまでも可能性の話ですが」(同)

 夫婦円満、体調良好で加藤が復活したとすれば、喜ばしい限りである。今後も変わらずお茶の間に笑顔を届け続けてくれることを願うばかりだ。

最終更新:2019/03/14 09:50
こんな記事も読まれています

加藤茶、一時飛び交った死亡説を一喝、生存アピール! 長生きするほど嫁・綾菜の好感度が昇り調子に!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

最近急増中の“こじらせ男子”とは?

最近、なんか面倒臭い男が増えているな――みたいな実感、ありませんか?  そんなモヤモヤを...
写真