日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『QUEEN』不快感減退も「語る価値なし」

竹内結子の大爆死ドラマ『QUEEN』不快感減退も、相変わらず「語る価値なし」

そしてやっぱり、価値観が変

 あいかわらず世論世論、どいつもこいつも人の評判ばかり気にして、「何をすべきか」「何をしたいか」で動いている人間がおらず、共感したいと思えるキャラクターはひとりもいません。登場人物全員が、ネットで叩かれてるかどうかを行動原理にしている。

 つまりこの作品世界は、国民全員が週刊誌とワイドショーとTwitterをくまなくチェックしているという前提で構築されているのです。そうして構築した世界を見下す視点を主人公たちに与えて、それをもって“爽快であろう”と訴えてくる。

 ネットを鵜呑みにするな、と言いたいのはよくわかります。フジテレビだし。だけど、それをメッセージとしてドラマを作るなら「我々は何を信じている」という宣言がなければ意味がないと思うんですよね。単なる愚痴でしかない。

 そう、このドラマはずっと、単なるフジテレビの愚痴に見えてた。そして、そんなのは別に見たくなかった。真剣に向き合って語るだけの価値もないし、回を追うごとにレビューに書くこともなくなっていく。というわけで、今夜最終回。お楽しみに。
(文=どらまっ子AKIちゃん)

最終更新:2019/03/14 20:00
12
こんな記事も読まれています

竹内結子の大爆死ドラマ『QUEEN』不快感減退も、相変わらず「語る価値なし」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真