日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > エロ  > 性行為中に脳出血、あわや死亡!

性行為による絶頂で脳出血を起こし、あわや死亡!

イメージ画像(足成より)

 セックスで絶頂に達することを“昇天”ともいうが、イク寸前に脳内出血を起こし、文字通り、本当に天国に行ってしまいそうになった女性がいた。

 3月12日付のイギリスの医学専門誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に発表された論文によると、ロンドン西部の住宅街に住む44歳の女性が、セックス中に口淫されてイキそうになる寸前、いきなり気を失い、すぐさま病院に運ばれたのだという。

 女性のお相手(男性か女性かは不明)によると、セックス前、女性に異常はなかったのだが、口淫をしている最中に彼女は突然「頭が痛い」と言いだし、体をこわばらせた。その直後、気を失い、その状態が3分ほど続いたという。

 医師は当初、女性がてんかんを起こしたのではないかと考えたが、CTスキャンを行ったところ、頭蓋骨の脳の間に出血が見られ、実際には脳卒中を起こしていたことが判明した。

 女性はくも膜下出血と診断されたが、幸いにも出血は少量で済んでおり、2週間ほどの入院で退院した。

 論文によると、性行為は血圧を上げることから、血管破裂の原因になることがよくあるのだという。

 この女性は喫煙者でときおり酒を飲み、ぜんそくを患い、20代のときに脳性マラリアにかかっていた。しかし、論文ではこれらと脳卒中との直接的な関連については触れられていない。

 セックスの最中に突然死することを「腹上死」ともいうが、腹上死は性行為が直接的な原因ではなく、心臓または脳の血管系の問題がもともとあったところに、興奮による血圧上昇で心臓発作を起こしたり、脳内出血を起こしたりすることが直接の原因になることが多いという。

 セックスは、人によっては命懸けとなるケースもあるようだ。

最終更新:2019/06/26 13:13
こんな記事も読まれています
関連キーワード

性行為による絶頂で脳出血を起こし、あわや死亡!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真