日刊サイゾー トップ > 芸能  > 和泉節子「最強毒母エピソード」

和泉節子のおかげで息子・元彌は今もトラウマを抱えている!? 「最強毒母エピソード」

和泉親子

 ブレイク中のチョコレートプラネット・長田庄平のモノマネで、注目度がアップ。テレビ出演が増加している狂言師、和泉流宗家・和泉元彌。長田との共演も快く応じているが、こうなると黙っていないのは、あの人だ。

 元彌の母・セッチーこと和泉節子である。長田は、3月14日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)には、看板コーナー「ゴチ20」にVIPチャレンジャーとして出演するが、ここになんとセッチーが乱入し、長田をパニックに追い込んだ。

「歯に衣着せぬものいいで、一時は毒舌ご意見番として引っ張りだことなりましたが、和泉流宗家継承問題やダブルブッキングなどのさまざまなトラブルを呼んでいた節子さん。いつしかテレビから消えていきましたが、長田のブレイクでまた息を吹き返しつつあるんです」(テレビ雑誌記者)

 元彌自身は素直で腰も低く、決して評判は悪くなかったが、このセッチーに巻き込まれるかたちでテレビから姿を消していた。

「当時、セッチーの傍若無人ぶりに苦い思いをさせられた関係者は多いんですが、最大の被害者こそ、息子の元彌でしょう」(舞台関係者)

 元彌が幼いころの、こんな話があるという。

「セッチーが、釣り堀が連接した割烹に元彌を連れていったときのことです。釣った魚を調理してくれる店で、セッチーは元彌とともに釣り堀に糸を垂らしましたが、『私、川魚は食べないの』と言い出し、なんと割烹の生け簀に釣り糸を垂らして、タイやヒラメを釣り上げて、得意顔になっていたといいます。元彌はそんな母の様子に恐縮しきり。あとで周囲に『恥ずかしかった』とこぼしていました」(同)

 また、元彌の学生時代にはこんな話も。

「高校2年のときに体育の授業で元彌が骨折したときのこと。『宗家が骨折したときには毎日、巣鴨のとげ抜き地蔵に通ってお参りをしたんです』というのがセッチーのお涙頂戴話として有名ですが、実は、参道にある和菓子屋が目当てで、いつもお参りもそこそこに和菓子に舌鼓を打ち、のんびりお茶の時間を楽しんでいたそうです」(同)

 さらに和泉家と親しい関係者なら誰もが知っているのが天ぷら騒動。

12
こんな記事も読まれています

和泉節子のおかげで息子・元彌は今もトラウマを抱えている!? 「最強毒母エピソード」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

宮島英紀の「どりこの」発掘ルポ

 我々が生きている現在は、過去の歴史の結果として存在している。小学校から大学まで続く...
写真