日刊サイゾー トップ > 芸能  > 和泉節子「最強毒母エピソード」

和泉節子のおかげで息子・元彌は今もトラウマを抱えている!? 「最強毒母エピソード」

元彌のためのはずが実は……

「セッチーは元彌を産んだ後、誰に言われたわけでもないのに、〈和泉家の嫁はて天ぷらをあげるべからず〉と言い出して、一切自分では揚げ物をしなかったそうです。セッチーが天ぷら禁止を追加したのは、表向きは元彌が油のそばにくると危ないからというのが理由だったそうですが、実際は、単に揚げ物をするのが面倒くさかったにすぎません。ところがセッチー自身は天ぷらが大好きで、いつも1人で都内の天ぷらの名店に足しげく通っていた。悲劇だったのは元彌です。日本の伝統を守るはずの家系に生まれながら、ものごころつくまで天ぷらという料理があることを知らず、今でもてんぷらが苦手だというのです」(同)

 テレビを見る限り、セッチーはいまも元気いっぱい。元彌が、その呪縛から解かれる日は、まだ遠そうだ。

最終更新:2019/03/18 22:00
12
こんな記事も読まれています

和泉節子のおかげで息子・元彌は今もトラウマを抱えている!? 「最強毒母エピソード」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

“コント職人”ラバーガールの現在地

『エンタの神様』(日本テレビ系)などで知られるコント師・ラバーガールが、2年連続で全国...
写真