『さすらい温泉 遠藤憲一』に尾崎紅葉もびっくり!?『金色夜叉』執筆した宿で、女体にボディ書道

2019/03/20 19:30

文=柿田太郎
テレビ東京系『さすらい温泉 遠藤憲一』番組公式サイトより

「遠藤憲一が俳優を引退して温泉で派遣の仲居をやっている」という設定のフェイクドキュメンタリー風人情ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』(テレビ東京系)第9話。他人の恋路におせっかいなほど首をねじ込む健さんこと遠藤憲一。振り返りましょう。

(前回までのレビューはこちらから)

俳優を引退するのも想定内?

 毎度恒例の遠藤のリアル知人へのインタビュー。

 今回はいよいよ「遠藤が俳優を辞めようとしている」という核心にせまる質問をぶつける。

「え? それは本当の話ですか?」

「はい」

 驚く30年来の友人・伊藤さんに、いけしゃあしゃあと答えるディレクター。

 伊藤さんの反応から見るに、この時点では番組がフェイクドキュメンタリーであるとは伝えていない感じだ。

 驚く伊藤さんの反応よりも、堂々と素人に嘘をつくディレクターのトーンにニヤついてしまう。

 しかし、もっと驚くかと思われた伊藤さんだが、「あんまり驚かないかも、もしそうだったとしても。ていうのは……」。

 気になるところでインタビューシーンは終了、次回へ持ち越し。気になります。

 

『金色夜叉』執筆の地でボディ書道

 今回、健さんが訪れたのは静岡・修善寺。

(遠藤は仲居の時は中井田健一と名乗り、かつ健さんと呼ばれたがる。)

 ここが夏目漱石や芥川龍之介ら、文人墨客に愛された地であるというのが今回のキモ。

 目の前を流れる桂川で、井伏鱒二もよく釣りをしていたらしいし、今回働く新井旅館にも川端龍子や横山大観の書が飾られている。あちこちに作家や書家らの息吹を感じられるので、文学好きには二度美味しい温泉地だ。

 そんな中あらわれた客人はギャル丸出しのなちょす(なちゅ)。

「てか鯉ってバカじゃね? ガンガン(餌)食うしヤベー」と、撮影のためとはいえ心配になるくらい錦鯉に餌をあげて喜んでる。ヨーロッパなら虐待になるレベル。

「けんけん」と呼ばれタジタジの健さんがだが、実は彼女は若き書道界のカリスマ。

 夜中に女将(並木塔子)の肉体に筆で文字を書き「いや~ん先生、感じちゃううう」と、あえがせてしまうほどの大物。

 なんだこれ? と思ったが、演じるなちゅは本物の書道7段。

 以前レギュラー出演していた『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)では明石家さんまに「蕎麦屋の前」と呼ばれるほど信楽焼(たぬきのアレ)然とした風貌なのに、腕前は師範代クラス(事実、師範代である)だというから驚きだ。

「パラパラの角度で~」と鯉に餌を投げて騒いでいた姿からは、想像がつかない。

 しかも今回披露したのは、ただの書道ではなく、なちゅが近年押してる「ボディ書道」。

 女将の地肌(胸)に『金色夜叉』と書き殴ってある先週の予告でも異彩を放っていたシーンなのだが、なんと作者の尾崎紅葉が『金色夜叉』を執筆したのが、この宿。館主とも親交が深いとホームページにも記されている。

 まさか120年後に同じ場所で「ボディ書道」の題材にされるとは、尾崎も夢にも思わなかっただろう。しかも、なちゅに。

 というか撮影を許可した新井旅館がまず凄い。

人気記事ランキング

続きを読む