水道橋博士、完全復活の兆し? やはり聞きたいのは「ピエール瀧の話」

2019/03/25 22:30

左:水道橋博士、右:ピエール瀧容疑者

 体調不良により昨年11月より芸能活動を休養している浅草キッドの水道橋博士に完全復活の兆しが見えている。

 3月20日発行のメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』186号では、スタッフの原カント君による編集後記で、博士が完全復活へ向けて動いており、最初の場はメルマガである旨が報告された。

 さらに、これに合わせて博士のTwitterも、メルマ旬報関連のツイートをリツイートを始めている。博士は休養中も、作家の橋本治さんや、『噂の真相』の編集発行人であった岡留安則さんの訃報に際して短い言葉を発してきたが、ここまで積極的にTwitterが使われるのは新しい動きといえるだろう。くしくもこの日は、東京で桜の開花宣言が出されている。桜とともに博士にも“始まりの春”が訪れたのだろうか。

 22日には、博士の著作『藝人春秋』(文春文庫)のKindle版が割引販売を開始し「Kindleストアランキング24時間で、14007位⇒28位に急浮上しました」との報告を受け、「どんだけ急上昇なんだよ!」と驚きのツイートをしている。リツイートばかりではなく、博士の生の言葉も徐々に聞けるようになっている。

 博士のまず復活で聞きたいのは、やはり盟友ともいえる電気グルーヴのピエール瀧のコカイン逮捕についてであろう。浅草キッドと電気グルーヴは、90年代はじめに深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のレギュラーを同時期に務めていたことがあり、当時から親交がある。浅草キッドの漫才と電気グルーヴの演奏がジョイントしたライブイベント「2階からぎょう虫ぶら下げおじさん」を開催したことも。博士としても瀧の逮捕に思うところがあるだろうから、何かしらの見解を聞いてみたいものだ。
(文=相川ナロウ)

最終更新:2019/03/25 22:30

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む