日刊サイゾー トップ > 芸能  > 神田うのが「まるでほんこん!」

神田うの、ヒョウ柄ド派手着物よりも目立つ“過剰なぷっくり頬骨”!「まるでほんこんさん」と失笑の嵐

神田うの公式Instagramより

 3月27日に44歳の誕生日を迎えたタレントの神田うのが、Instagramを更新。その内容がネット上で話題となっている。

 神田はこの日「今夜のお出掛けスタイルは豹柄のお着物 久々に着ました」と、ヒョウ柄の着物をまとった全身写真を投稿。帯留めは親友・美川憲一からプレゼントされたくちびるの形をしたルビーのブローチを使い、さらに、帯揚げにはVALENTINOの真っ赤なシルクシフォンショール、バッグも真っ赤なエルメスのケリーバックを合わせ、「ドレス感覚で着ました」とコーディネイトを詳しく紹介している。

 これに対し、ファンからは「すごくお似合いです」「なんと斬新!」といったコメントがリプライに続々と集まり、神田のセンスを絶賛。しかし、その一方で、ネット上では「ダサい」「ひと昔前のギャル」「若い頃の栄光が忘れられないのかな」といった手厳しい意見が目立っている。

「これまでも神田さんは小学生の娘さんと同じ服を着たり、派手な柄のドレス姿を披露しているため、ネット上ではファッションセンスを疑う声が上がっています。今回もヒョウ柄の着物ですからね。44歳という年齢を考えたら、もう少し落ち着いた柄や色の着物を選んだほうがよかったと思います」(ファッション誌ライター)

 そんな中、ネット上では顔にも注目が集まっていたという。

12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

神田うの、ヒョウ柄ド派手着物よりも目立つ“過剰なぷっくり頬骨”!「まるでほんこんさん」と失笑の嵐のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

25歳素人童貞の果てなき風俗愛

 19歳で風俗初体験をして以来、7年間にわたってネットに風俗レポートをアップし続けて...
写真