本多圭の「芸能界・今昔・裏・レポート」

“ショーケン”萩原健一さんに合掌──セクハラ、ドラッグ、不倫、暴力、なんでもありの役者人生

2019/04/05 12:00

萩原健一公式サイトより

 ロックンローラーの故・内田裕也さんの後を追うように、俳優で歌手のショーケンこと萩原健一さんが3月26日、消化管間質腫瘍のために他界した。68歳だった。内田さん同様、マスコミ、とりわけスポーツ紙は賛辞を惜しまないが、その人生は、女性関係からドラッグ、暴行事件など、トラブルに事欠かなかった。

 ショーケンは、グループサウンズ全盛時代に「ザ・テンプターズ」のボーカリストとして人気を博した後、俳優に転身。ドラマ『傷だらけの天使』『前略おふくろ様』(いずれも日本テレビ系)で主演を務めたほか、数多くの映画にも出演し、映画『青春の蹉跌』(1974)ではキネマ旬報の最優秀主演男優賞を受賞した。

 他方私生活では、75年、当時人気モデルだった小泉一十三さんと結婚。女児を授かったが、3年で離婚した。80年には女優・いしだあゆみと結婚するも、こちらも4年で離婚している。

“共演者キラー”と呼ばれ、女性の噂が絶えなかったショーケンだが、筆者は当時、ある女優から「ショーケンと共演した女優はみんな、彼におびえていた」という意外な事実を打ち明けられた。聞けば、ショーケンは映画の撮影で濡れ場のシーンになると、前バリをつけず、強引な演技を強行し、拒否すれば降板させられたという。実際、泣き寝入りした女優も一人ではないというから、今だったらセクハラどころか、強制わいせつで訴えられてもおかしくないだろう。

 女性問題だけではない。

 当時からショーケンにはドラッグの噂が絶えず、マスコミが積極的に取材に動いたことがあった。実際、83年には大麻取締法違反容疑で逮捕されている。さらに84年には飲酒運転で人身事故を起こして逮捕され、04年にも再び人身事故を起こして逮捕されている。

 85年には、当時、アントニオ猪木の妻だった女優・倍賞美津子との不倫疑惑が浮上。不倫現場を押さえようと張り込んでいた写真週刊誌の記者とカメラマンに暴行し、書類送検された。暴行事件に関しては、その後も、85年公開の映画『恋文』の打ち合わせのため、新宿区内の旅館で監督や共演の倍賞らとの打ち合わせ中、張り込んでいた記者を拉致して暴行を働いた疑惑が持ち上がった。事件化はしなかったが、暴力による取材活動の妨害すは、絶対に許されない行為だ。

 ショーケンにとって致命的だったのは、04年公開の映画『透光の樹』の降板事件だった。撮影中にショーケンが共演者やスタッフに暴言を吐き、暴力を振るったため、途中降板させられたのだ。しかも、プロデューサーが出演料の半分の返却を求めると、逆ギレ。実在する暴力団の名前を出して脅かしたため、製作サイドがショーケンを恐喝未遂で告訴。それを受けて逮捕されたことで、映画やドラマ関係者から「ショーケンは怖くて使えない」という声が上がり、芸能界から干された。

 そんなトラブルメーカーだったショーケンだが、11年にモデルの冨田リカさんと再婚してから立ち直った。

 16年に放送されたNHK・BSプレミアムドラマ『鴨川食堂』で準主演に抜擢されると、主人公の父親役を熱演。さらに、昨年3月には自ら原案を手がけたドラマ『明日への誓い』(テレビ朝日系)で主演し、いぶし銀の演技で高い評価を得た。また、同年10月に放送された連ドラ『不惑のスクラム』(NHK)では、がんに侵された老ラガーマン役で迫真の演技を披露。思えばあの頃、ショーケン自身ががんと闘っていたのだ。

 もっとも、あるドラマでは、撮影中にショーケンのいじめに遭った若手俳優が降板したというから、エキセントリックな性格は変わっていなかったようだ。

 ともあれ、長らく“芸能界一の問題児”と呼ばれたが、最後は役者としての人生を全うしたショーケン。改めて、合掌。

(文=本多圭)

最終更新:2019/04/05 12:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む