日刊サイゾー トップ > 芸能  > 故・萩原健一さんの“体の秘密”

萩原健一さん死去──“もうひとつの体の秘密”って?

萩原健一さん死去──もうひとつの体の秘密って?の画像1
萩原健一オフィシャルサイトより

 俳優の萩原健一さんが26日に亡くなったことが報じられた。萩原さんは、2011年からGIST(消化管間質腫瘍)を患っていたが、本人の強い希望で伏せられていた。自身の死に関しても、葬儀が終わった後に公表され、こちらも萩原さんの遺志といえそうだ。

 萩原さんといえば、“ショーケン”の愛称で知られ『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』(ともに日本テレビ系)などで活躍した。役者業に対してストイックな性格で知られ、『太陽にほえろ!』のマカロニ刑事役は人気者ではあったが、アイドル的な扱いをされることに嫌気が差し、自ら脚本家に談判して、自身の殉職シーンを描かせたエピソードもある。

 私生活では大麻所持、飲酒運転による人身事故、映画出演をめぐるトラブルによるスタッフへの恐喝未遂などで逮捕歴があり、お騒がせの人物といった印象がある。だが、同時に萩原さんは病気を最後まで隠し通すなど繊細さを併せ持った人物であり、知られざるもうひとつの体の秘密があった。

「萩原さんは幼少期から、片方の耳がほとんど聴こえなかったようですね。それでも、ミュージシャンをしていたわけですから、かなりの苦労があったといえるでしょう。ただ、それを表立って主張することはありませんでした。萩原さんとはいえば、何かと大声を上げるといったイメージもありますが、そちらも耳が聞こえないことが原因だったといわれています」(業界関係者)

 萩原さんは、先日亡くなった内田裕也さんの訃報に関してもコメントを発している。再び一緒の企画をやりたい思いもあったようだ。やはり68歳というのは今の時代としては早すぎるといわざるを得ないだろう。平成の終わりに、レジェンドと呼ばれる人たちが次々と亡くなっていくのは切なさを感じざるを得ない。萩原健一さんのご冥福をお祈りしたい。

(文=平田宏利)

最終更新:2019/03/29 20:00
こんな記事も読まれています

萩原健一さん死去──“もうひとつの体の秘密”って?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真