日刊サイゾー トップ > 芸能  > 元乃木坂・衛藤の熱愛に関係者苦笑

元乃木坂46・衛藤美彩&西武・源田壮亮の熱愛に、関係者は「苦笑い」のワケ

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

元乃木坂46・衛藤美彩&西武・源田壮亮の熱愛に、関係者は「苦笑い」のワケの画像1
衛藤美彩 公式インスタグラム(@misa_eto_official)より

 3月末までアイドルグループ、乃木坂46のメンバーだった衛藤美彩がプロ野球・西武ライオンズの源田壮亮と真剣交際していることが12日、一斉に報じられた。

 複数のメディアの報道によると、2人はともに26歳の大分県出身。県人会などで会うこともあり、衛藤の卒業を待って交際がスタートしたという。衛藤は昨年春から『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)のキャスターを務めており、取材で初対面している。

「これまでのプロ野球選手&女子アナと同じく、職場恋愛みたいなものですね。衛藤も恋愛が御法度なアイドルを卒業、女優に転身してからの交際であれば何ら問題ない」(芸能関係者)

 目下、社会人野球から西武入りした源田はプロ3年目ながらショートのレギュラー選手。「このまま結婚したら、衛藤からしても大金星と言える」(同)ほどの選手だ。

 だが、この状況に苦笑いしているのはテレビ局関係者だ。

「2人は独身同士で交際しているのだからまあ、いいのですが、要は取材相手に手を出したも同然のこと。過去にはフジテレビの三田友梨佳アナが西武の金子侑司と交際、遡れば松坂大輔も当時日テレの女子アナだった柴田倫世アナと交際、後に結婚までいった。巨人と比べれば週刊誌などの取材も弱いですし、互いに狙い目なんでしょうけど、うちは女子アナや女性ディレクターに『男女関係に発展しないように』とやんわり伝える可能性はある。一歩間違えれば取材NGになる危険性もありますからね」

 球界関係者からも「これを機に、ほかのプロ野球選手が取材相手の女性に手を出すことを誘発する可能性がある。やっぱり、女性関係でチーム内が乱れたりすることはあること。それで成績が落ちればどうしようもないから。特に浮き足立つのはレギュラーではなく、女性に目がない1.5軍の選手。本当に気をつけないと」と、ため息を漏らす。

 ともあれ、せっかく熱愛までいったのだから、なんとか成就してほしいものだ。

最終更新:2019/04/12 22:30

元乃木坂46・衛藤美彩&西武・源田壮亮の熱愛に、関係者は「苦笑い」のワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

ナイツが語るYMOと“テクノ漫才”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(後編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真